慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2018000005-20180031  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2018000005-20180031.pdf
Type :application/pdf Download
Size :121.6 KB
Last updated :Oct 24, 2022
Downloads : 142

Total downloads since Oct 24, 2022 : 142
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ドイツにおける移民の背景をもった子どもたちのドイツ語習得と教科学習  
カナ ドイツ ニ オケル イミン ノ ハイケイ オ モッタ コドモ タチ ノ ドイツゴ シュウトク ト キョウカ ガクシュウ  
ローマ字 Doitsu ni okeru imin no haikei o motta kodomo tachi no Doitsugo shūtoku to kyōka gakushū  
別タイトル
名前 Acquisition of German and learning of subjects of children with a migration background in Germany  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 平高, 史也  
カナ ヒラタカ, フミヤ  
ローマ字 Hirataka, Fumiya  
所属 慶應義塾大学総合政策学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ドイツにおける移民の背景をもった子どもたちの教育では、近年、日本の初期指導に当たる準備クラスと中途入学者の教科指導が大きな課題となっている。本研究では、文献研究と授業参観、教員へのインタビュー等によって、その政策と実態を把握しようと試みた。
ベルリン州の準備クラスは歓迎クラスと呼ばれている。ドイツ語能力が不十分な児童生徒は、本人および家庭に関するデータ、教員2名による面談、プロフィール分析による診断で、CEFRのA1以下であれば初期指導(被識字者クラス、またはドイツ語の知識のない子どものクラス)に、A2以上であれば一般学級(ただしドイツ語の補習は継続)に振り分けられる(ギムナジウムの一般学級ではB1が必要)。通常、歓迎クラスの規模はふつうは12名程度で出身国、母語、年齢等の異なる子どもが混在しており、ドイツ語だけではなく、教科の指導も一部行われる。学校によっては歓迎クラスを複数設置しているところもある。歓迎クラスには1年間在籍し、その後に年齢相応の一般学級に編入するというのが原則ではあるが、実際には困難だという。そして、一般学級に移籍後もドイツ語の補習が数時間行われるケースが多い。授業を参観したギムナジウムでは85%の生徒はドイツ語以外の言語が母語で、出身国は46ヵ国に及び、トルコ、アラブ系、ロシア系、ベトナムが中心だという。
教科における中途入学者に対する対応については、ベルリン市内のある高校でドイツ語、数学、生物、化学、英語の授業を参観する機会を得た。移民の背景をもった子どもたちの教育は混種性を避けることができず、ここでも生徒の出身国やレベルは多様であった。しかし、それにもかかわらず、学校教育というある意味では画一的な場で、指導スタイルは異なるものの、一人ひとりの教師がドイツ語を母語としない生徒個々人に対して熱心に指導している様子が印象に残った。
In the education of children with immigrant backgrounds in Germany, preparation classes and instruction of subjects for mid-career students have become major issues in recent years. This study tried to grasp the education policy and the actual situation by literature research, class visits, interviews with teachers, etc.
Berlin's preparation classes are called welcome classes. According to data on the person and family, interviews with two teachers, and diagnosis by profile analysis, students with insufficient German language skills are classified either to the initial instruction, if the results are CEFR A1 or less, or to a general class, if the results are A2 or more (B1-level is required for general classes in gymnasium). Usually, the size of the welcome class is about 12 and children from different countries, mother tongues, ages are mixed, and not only German language, but some instruction of subjects is also given. Some schools have more than one welcome class. After visiting a welcome class for one year, children with immigrant backgrounds should be transferred to an age-appropriate general class, but it is actually difficult. In many cases, teaching German language will be continued after transfer to the general class. In the gymnasium, which I visited, 85% of the students had native languages other than German, and came from 46 countries, mainly from Turkey, Arabic countries, Russia, and Vietnam.
Regarding to teaching subjects to the mid-career students, I had an opportunity to visit German, mathematics, biology, chemistry and English classes at a high school in Berlin. In the education of children with a background of immigrants diversity is inevitable, and here too the countries and levels of origin of the students were diverse. However, in spite of that, in a unitary situation of school education, although the teaching style is different, every teacher was eager to be confronted to individual students whose German language skills are not sufficient.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2022 13:35:33  
作成日
Oct 24, 2022 13:35:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2018年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース