慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170236  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170236.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.9 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 69

Total downloads since Aug 2, 2019 : 69
 
タイトル
タイトル フルマラソン後に材質変化する筋を特定する  
カナ フルマラソンゴ ニ ザイシツ ヘンカスル キン オ トクテイスル  
ローマ字 Furumarasongo ni zaishitsu henkasuru kin o tokuteisuru  
別タイトル
名前 Tracking of time-dependent changes in muscle hardness after a full marathon  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 稲見, 崇孝  
カナ イナミ, タカユキ  
ローマ字 Inami, Takayuki  
所属 慶應義塾大学体育研究所助教(有期)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
骨格筋の材質特性を非侵襲的に評価する超音波エラストグラフィを用いて, フルマラソン後における筋個々の硬度変化を特定し, 時間依存変化を追跡することを試みた。 21人の大学マラソン選手が実験に参加した。筋の硬度(すなわち, strain ratio : SR)は, 大腿直筋(rectus femoris : RF), 外側広筋(vastus lateralis : VL), 大腿二頭筋長頭(biceps femoris long head : BF), 前脛骨筋(tibialis anterior : TA), 腓腹筋内側頭(gastrocnemius medial head : GM)を対象筋とし, マラソン前(PRE), 直後(POST), 1日目(D1), 3日目(D3), および8日目(D8)まで同様の測定を行い, 結果を追跡した。その結果, フルマラソン後にSRが減少した(すなわち, 筋肉がより硬くなった)こと, 測定されたすべての筋においてSRはD1で最も減少したことを見出した。大腿部の筋のSRの変化の大きさには差はなかったが, MGとSOLの筋肉の変化の大きさは, TAよりも有意に大きかった。VL, BFおよびSOL(すなわち, PREとの有意差がない)における筋硬度は D8で回復したが, D8におけるRFおよびGMの回復は観察されなかった。したがって, 筋硬度の変化の程度は, 下肢筋肉内において均一には発生しない。特に, フルマラソン後のTAの筋硬度の変化は, 他の筋肉に比べて小さく, 各筋肉のリカバリーには時間依存変化が存在することが明らかとなった。この研究で確認された筋硬度の特徴は, 骨格筋の3特性である【機能】【形態】【材質】における材質特性変化を示しており, 小さいながらも複数回繰り返される微小損傷が蓄積された結果起こった変化と捉えることができる。本研究結果は, 走者を適切な形で指導する際にコーチや, 走っているときの不足を解決しようとするアドバイスやセラピストを訓練するために役立ちます。
We sought to identify changes in individual muscle hardness after a full marathon and to track time-dependent changes using ultrasound strain elastography (SE). Twenty-one collegiate marathon runners were recruited. Muscle hardness (i.e., strain ratio, SR) was measured using SE for the rectus femoris (RF), vastus lateralis (VL), biceps femoris long head (BF), tibialis anterior (TA), gastrocnemius medial head (GM), and soleus (SOL) muscles at the following time points: pre (PRE), immediately post (POST), day-1 (D1), day-3 (D3), and day-8 (D8), after a full marathon. We found that the SR decreased after the full marathon (i.e., the muscle became harder), and that the lowest SR across all measured muscles was observed on D1. Although there was no difference in the magnitude of change in SR between the muscles of the thigh, that of the MG and SOL were significantly larger than that of the TA. Muscle hardness in the VL, BF, and SOL recovered at D8 (i.e., non-significant difference from PRE), whereas recovery of RF and GM hardness at D8 was not observed. Thus, the degree of change in muscle hardness does not occur uniformly within the lower extremity muscles. In particular, changes in muscle hardness of the TA after a full marathon is small compared with other muscles and time-dependent changes in each muscle varies during recovery. The features of muscle hardness identified in this study will be useful for coaches when mentoring runners on proper forms and for training advisers and therapists who seek to address deficiencies in running.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 15:33:01  
作成日
Feb 21, 2019 13:21:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Aug 2, 2019    著者,上位タイトル 名前,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 人びとはどのよう... (888) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (356)
3位 記憶の社会学・序... (332)
4位 越境するファシズ... (331)
5位 伊藤隆太君学位請... (323)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Design and evalu... (3138) 1st
2位 The impact of se... (2247)
3位 Implementation a... (2236)
4位 Prevalence of TE... (2226)
5位 The development ... (2217)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース