慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170179  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170179.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.2 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 173

Total downloads since Feb 21, 2019 : 173
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル クリスパーキャス法等の遺伝子操作をモデル化した初等教育向け教育アプリの開発  
カナ クリスパーキャスホウトウ ノ イデンシ ソウサ オ モデルカシタ ショトウ キョウイクムケ キョウイク アプリ ノ カイハツ  
ローマ字 Kurisupākyasuhōtō no idenshi sōsa o moderukashita shotō kyōikumuke kyōiku apuri no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of new application for elementary school students to learn gene editing method such as the CRISPR/Cas technology.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 黒田, 裕樹  
カナ クロダ, ヒロキ  
ローマ字 Kuroda, Hiroki  
所属 慶應義塾大学環境情報学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
初年度, 我々は教材アプリ開発に必要な知見と情報の収集から開始した。例えば, 神戸で開催された日本分子生物学会に参加するなどした。それらの情報を参考にして, アプリの第一モデルを作成した。当初から我々は, 本事業を推進する上で最も難しい点は, 小学生に交配や減数分裂の際の遺伝情報の在り方を理解してもらう点であると考えていた。その問題点をクリアするために, 我々はトランプカード形式のゲームをデザインした。1枚のカードには1本の染色体の絵が描かれ, その上には最小2, 最大5となる遺伝情報を載せた。その組み合わせによって表現型が決定され, カードの選び方によって減数分裂が模式化されるようにした。このゲームは, 高校生と小学生を相手に実施した。高校生と小学生の別を問わず, ゲームを楽しいと答えた生徒はほぼ全員であった。また, 高校生では遺伝子組換え技術を学ぶ上で必要とされる基礎知識の習熟度は約80%となり, 小学校高学年の場合も約50%となった。一方, 小学校低学年では10%未満となった。以上の結果より, このカードゲーム方式によって作られるアプリの適用年齢は10才以上であろうと結論づけた。カードゲームには遺伝子組換えを意図するジョーカータイプのカードが存在し, それを用いることによって, 生物個体の性能が上がるようにした。この過程では, 性能が上がるという現象については年齢に関係なく全員が理解することができた。遺伝子組換え自体の本質の理解に年齢は関係ないと言える。
以上の概念的な要素に加えて, CRISPR/Casの標的配列を見つけるための遺伝子マップも作成し, それらを用いて生徒らに標的配列を発見させる作業に取り組ませた。その結果, 学年に関係なく全ての生徒が少なくともいくつかの標的配列を発見するに至った。これは, 概念的な要素に加えて, 人為的な最近の遺伝子操作手法における必要不可欠な作業を小学生でも十分に理解できることを示していると言える。
In the first year, we have consolidated findings and gather information and, referred to these information, created simple application model. For example, I went to join the JMB meeting in Kobe and gather more recent style of the CRISPR/Cas-related technologies. It was predicted that the most difficult point for elementary school students is to understand the meaning of some technical words and terms in molecular biological field. To solve this problem, we first started with making new card game to make it easier. We designed that each card indicate one chromosome and has two-to-five genetic characters. Using these card, we tried to make a class for elementary school students and high school students to teach the mechanism of cross-fertilization and reduction division in meiosis. As results, on the point of the game, almost all students were enjoyed very much regardless of ages. On the point of understanding of biological events that we designed, approximately 80% of high school students and 50% of senior children at the elementary school achieved enough knowledge of them, but it was still very difficult for junior children at the elementary school. So, we conclude that application model that we created is adaptable for 10 years of age or older. In addition to it, we prepared a kind of Joker card leading upgrade of basic ability of living organism in game. Fortunately, both high and elementary school students can understand the performance improvement of organism which is treated with this joker card. Moreover, we made gene sequence map for students to find CRISPR/Cas target sequence. Using this map all students found several target sequence in map, meaning that it might be possible for elementary school student to learn the essential system of modern method of artificial recombination of genes.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:16:04  
作成日
Feb 21, 2019 13:16:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース