慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170125  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170125.pdf
Type :application/pdf Download
Size :120.2 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 155

Total downloads since Feb 21, 2019 : 155
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ポリマーナノファイバーとそれを使った機能性複合材料  
カナ ポリマー ナノファイバー ト ソレ オ ツカッタ キノウセイ フクゴウ ザイリョウ  
ローマ字 Porimā nanofaibā to sore o tsukatta kinōsei fukugō zairyō  
別タイトル
名前 Synthesis of polymer nanofibers and their applications  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 堀田, 篤  
カナ ホッタ, アツシ  
ローマ字 Hotta, Atsushi  
所属 慶應義塾大学理工学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ナノファイバーはナノオーダーの直径や高い比表面積を有しており, ナノスケールであるがゆえに表面積が際立って大きくなる。その材料開発により, これまでにない機能性を有する新規材料が生まれ, 新たな応用用途へとつながることが期待される。将来的な応用用途の一例としては, 細胞培養足場などのバイオ分野などでの応用が期待されている。ナノファイバーの作製手法であるエレクトロスピニング法(ES法)は, 他のファイバー作製手法と比べて, 簡易にナノファイバーが作製できるという特長がある。過去における本研究成果により, ナノファイバーを合成する条件が最適化されてきた。そのES法でのファイバー紡糸における最適作製条件と合成における知見を利用し, 汎用性の高いポリビニルアルコール(PVA)を微細ファイバー化するプロセスに適用させ, PDMS(ポリジメチルシロキサン)材料表面にファイバーを選択的に付着できるかを検討した。これまでの研究により, PDMS基板にプラズマ処理, 特に酸素プラズマ処理により表面改質を施すことで, PVAナノファイバーの紡糸を可能にできている。しかし, プラズマ処理の条件が, PDMS基板へのナノファイバーの付着量に与える影響は明らかとなっていなかった。そこで本年度の研究では, PDMS母材表面に着目した。具体的には, プラズマ処理, 特に酸素プラズマ処理を実施したPDMS表面へ, あるいは金属板のプラズマ処理をした面へ, 最適化されたES 法により微細PVAファイバーの紡糸を試み, その付着挙動・付着特性を解析した。高電圧によるファイバーへの電荷残留の影響もみながら付着挙動の解析をすることを試みた。異なるガス種でプラズマ処理を施したPDMS基板を用いてPVAナノファイバーを紡糸した結果, 酸素プラズマ処理面へのナノファイバー付着量が最も小さいことがわかった。一方, 窒素プラズマ処理面への付着量は, 酸素プラズマ処理面の約1.4倍増加することがわかった。
The nanofiber patterning by the electrospinning (ES) method is important, for example, in the cell-culture patterning. Here, due to the high-specific surface area of the nanofibers, cells are expected to adhere to the nanofiber-coated area. Plasma treatment could realize the nanofiber patterning through the ES method on a polymer collector on which nanofibers could be located or could not be located by electrospinning. In this work, PVA (polyvinyl alcohol) nanofibers were successfully patterned onto a plasma-treated polydimethylsiloxane (PDMS) collector with its surface modified by oxygen plasma. The degree of the surface modification was found to change through the condition of the plasma treatment. It was found that the number of the nanofibers onto the plasma-treated surface could be improved by changing the plasma treatment condition.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:04  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース