慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170104  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170104.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.7 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 89

Total downloads since Feb 21, 2019 : 89
 
タイトル
タイトル 植物写真と近代建築 : 近代建築・デザイン史研究の方法論的再考  
カナ ショクブツ シャシン ト キンダイ ケンチク : キンダイ ケンチク・デザインシ ケンキュウ ノ ホウホウロンテキ サイコウ  
ローマ字 Shokubutsu shashin to kindai kenchiku : kindai kenchiku dezainshi kenkyū no hōhōronteki saikō  
別タイトル
名前 Plant photography and modern architecture. : a methodological reconsideration of the history of modern architecture and design  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 後藤, 文子  
カナ ゴトウ, フミコ  
ローマ字 Goto, Fumiko  
所属 慶應義塾大学文学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
20世紀前半に植物の形態や色彩を記録する目的で植植物栽培家や自然科学者が撮影した植物写真は, 個々の植物を体系的に認知するために考案された「分類学」に基づく標本に類似している。そして, 1920年代から1930年代に展開した「新即物主義」を代表する写真家で植物学者Karl Blossfeldt(1865-1932)による植物写真は, 美術史研究においてはもっぱら芸術写真として語られるが, きわめて科学的な眼をもって自然の対象を撮影しているという点では, それらは植物栽培家や自然科学者の, 分類学的な特徴を示す記録写真と共通性をもつ。この点を重視し, Blossfeldtと, 多年生植物栽培家・庭園思想家カール・フェルスターKarl Foerster(1874-1970)の手になる植物写真の比較検討を行った。Foersterは, 植物のカラー写真を最初に掲載したことで知られるモダニズムの重要な園芸雑誌『庭園の美 Gartenschönheit』(1920年発刊)の主宰者である。調査の過程で, Blossfeldtのきわめて珍しい初期写真が『庭園の美Gartenschönheit』誌に掲載されている事実が判明した。
ところで, Blossfeldtの植物写真にみとめられる自然科学的な特性は, 20世紀の「新即物主義」以前における彼の活動と無関係ではない。1890年代に彼が助手をつとめたベルリン美術工芸学校においては, 比較植物研究の教材として, 植物を題材とした素描, 版画, 標本, 写真, 模型が活用されており, Blossfeldtはそうした教材の制作を担当していた。とかくBlossfeldtに関しては20世紀の新即物主義的な写真ばかりがクローズアップされて論じられる傾向にあるが, むしろ19世紀における活動の延長線上に20世紀の植物写真を位置づけることによって, 植物栽培家や自然科学者の植物写真と彼の写真が類似している必然性が明確化された。そしてこのことからも, 近代の植物写真について「芸術と自然科学」の接合という観点からさらに検討する必要があると認識された。
Plant photos photographed by plant growers and natural scientists for the purpose of recording plant morphology and color in the first half of the 20th century have resemblant character which specimens based on "taxonomy" devised for systematically recognizing individual plants have. And, Karl Blossfeld (1865-1932) who is a botanist and a photographer representing "New Objectivity" developed in the 1920s and 1930s is told exclusively as an art photograph in the research of art history, but in terms of photographing natural objects with scientific eyes, his photos have a commonality with recorded pictures showing the taxonomic features by plant growers and natural scientists. Focusing on this point, I compared plant photos by Blossfeldt with those by Karl Foerster (1874-1970) who is a important german perennial plant grower and garden thinker. Foerster is the president of modernist's important gardening magazine "Garden Beauty (Gartenschönheit)" (published in 1920), which is known for publishing color photographs of plants for the first time. In the course of the investigation, it turned out the fact that Blossfeldt's very rare early photograph was published in that magazine " Garden Beauty (Gartenschönheit)".
By the way, the natural scientific characteristics found in Blossfeldt's botanical photograph are related to his activities before 'New Objectivity' in the 20th century. At the School of Arts and Crafts in Berlin where he worked as an assistant in the 1890s, sketches, prints, specimens, photographs, and models using plants as objects were used as teaching materials for comparative plant research, and Blossfeldt made those materials. In regard to Blossfeldt, only photographs of New Objectivity in the 20th century tend to be discussed, but rather by locating his plant photographs of the 20th century on the extension of activities in the 19th century, the necessity that a plant photograph of a natural scientist or plant cultivators and his photograph are similar was clarifeid. And also, it was recognized that there is a need to further study on modern plant photos from the viewpoint of joining "art and natural science".
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:02  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (506) 1st
2位 越境するファシズ... (497)
3位 ドイツのSNS対策... (470)
4位 アルコール発酵の... (431)
5位 日本における小売... (386)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (960) 1st
2位 刑法における因果... (874)
3位 Consumption of i... (771)
4位 家族主義と個人主... (584)
5位 Instagram解析に... (583)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース