慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170085  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170085.pdf
Type :application/pdf Download
Size :114.6 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 534

Total downloads since Feb 21, 2019 : 534
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル フランツ・リストの死生観からみる彼の宗教音楽  
カナ フランツ・リスト ノ シセイカン カラ ミル カレ ノ シュウキョウ オンガク  
ローマ字 Furantsu Risuto no shiseikan kara miru kare no shūkyō ongaku  
別タイトル
名前 The religious music of Franz Liszt and his view of life and death  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 福田, 弥  
カナ フクダ, ワタル  
ローマ字 Fukuda, Wataru  
所属 慶應義塾大学文学部准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, フランツ・リスト Franz Liszt(1811-1886)の宗教音楽における彼の死生観を究明することを目的とする。今年度も引き続き《アッシジの聖フランチェスコの太陽賛歌》について調査を進めた。昨年, リストにとっては, 音楽による救済こそがこの作品の最終的なテーマであり, 最後の節に作曲をしなかったのは, 死によって作品を閉じることは彼の死生観からして難しかったというひとつの推察を提示した。このことは, この曲のピアノ伴奏による最終稿においても, 内容的に同様であることが確認された。
さらに本年度は, 《詩編129》についての本格的な調査に取りかかった。《詩編129》は, 死者のためのミサ典礼の典礼文による, 最晩年の作品である。独唱稿を作曲したのち, 未完成に終ったオラトリオ《聖スタニスラウスの伝説》用に, バリトン独唱と男声合唱のための稿が作られた。後者は充実した先行研究があるものの, 独唱稿の研究はいまだに進んでいない。そんな中, ヴァイマルのゲーテ・ウント・シラー・アルヒーフには, これまで言及されてこなかった手稿譜があることが突き止められた。その楽譜テクストは, 現在普及している版には反映されておらず, その意味でもきわめて重要な手稿譜であることが明らかとなったのである。信憑性の高い楽譜テクストを基に, さらに《詩編129》とリストの死生観の関係をさぐって行きたい。
This research aims to investigate his view on death and life in religious music by Franz Liszt (1811-1886). This year the investigation on "Cantico del sol di San Francesco d'Assisi" was continued. Last year the following speculation was presented : just the salvation by music is the main theme of this work, and the reason why he did not compose the music to the last section is that it was difficult because of his view on death and life for him to close the work. This was confirmed to be true in content also in the final version of this work for the vocal and piano accompaniment.
In addition, this year, I began a fundamental survey on Liszt's "Psalm 129". This work in his later years was composed to the liturgical text for the Mass for the dead. After the version for solo voice, the one for baritone solo and male chorus was composed for the unfinished oratorio "St. Stanislaus". Although the latter has the substantial precedent research, it is the present condition that the investigation of the solo vocal version still has not yet been advanced. Meanwhile, it was founded that Goethe und Schiller Archiv in Weimar preserves manuscripts that has not been mentioned so far. It was revealed that the version is not reflected in the currently popular edition of this work and therefore it is a very important manuscript. Based on the authentic version, I would like to further go through the relationship between "Psalm 129" and the list of death and life views.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:10:00  
作成日
Feb 21, 2019 13:10:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース