慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170042  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170042.pdf
Type :application/pdf Download
Size :112.9 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 239

Total downloads since Feb 21, 2019 : 239
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 慶應義塾における商学の成立と発展に関する研究  
カナ ケイオウ ギジュク ニ オケル ショウガク ノ セイリツ ト ハッテン ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Keiō gijuku ni okeru shōgaku no seiritsu to hatten ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 The study on the establishment and development of commercial science in Keio University  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 平野, 隆  
カナ ヒラノ, タカシ  
ローマ字 Hirano, Takashi  
所属 慶應義塾大学商学部教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の目的は, 慶應義塾大学商学部の創設の事情・背景とカリキュラムの形成過程を, 当時の諸記録および関係者へのヒヤリングなどに基づき明らかにすることにある。商学部は1957年に経済学部から分離して創設された。これまで商学部創設の理由として, 日本経済と企業の発達を背景とした有能な産業人の育成という社会的要請の高まりと義塾創立100年(1958年)の記念事業の一環ということが言われてきた。しかし, 当時の会議議事録や関係者の証言から, これらの理由と並んで, 当時の義塾の財政的事情が商学部創立の有力な動機であったことが明らかになった。義塾商学部は他大学の商学部と異なり, 経済学・産業研究系のスタッフおよび科目の比重が大きいという特徴を有している。この特徴は商学部設立認可申請の過程で文部省の認可を得やすくするために義塾がとった行動が生んだ偶然であった可能性が高いが, これが結果として「経済学をベースとした幅広い視野をもった商学の教育と研究」というユニークな商学部像の確立につながった。
The purpose of this study is to clarify the reasons and background of the establishment of Faculty of Business and Commerce, Keio University in 1957.
The major findings of the study are as follows ;
1. The main reason of the establishment of the faculty was response to financial difficulty of Keio University at the time rather than request from society and one hundred year commemoration project of the university mentioned in previous researches.
2. The Faculty of Business and Commerce, Keio University has a larger proportion of economics and industrial studies in composition of the course and academic staff compared with commercial faculties of other universities. This characteristic of the Faculty was the result of opportunistic behavior in the application for approval of establishment.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:27  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:27  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース