慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000001-20170010  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000001-20170010.pdf
Type :application/pdf Download
Size :124.7 KB
Last updated :Feb 21, 2019
Downloads : 360

Total downloads since Feb 21, 2019 : 360
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 統合失調症治療における抗精神病薬の投与量を決定するアプリの開発  
カナ トウゴウ シッチョウショウ チリョウ ニ オケル コウセイシンビョウヤク ノ トウヨリョウ オ ケッテイスル アプリ ノ カイハツ  
ローマ字 Tōgō shitchōshō chiryō ni okeru kōseishinbyōyaku no tōyoryō o ketteisuru apuri no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of app to determine antipsychotic dose in the treatment of schizophrenia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 内田, 裕之  
カナ ウチダ, ヒロユキ  
ローマ字 Uchida, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
目的 : 統合失調症治療において抗精神病薬が65−80%の脳内ドパミンD2受容体を占拠した時に適度な治療効果が得られるが, 脳内ドパミン受容体占拠率の測定は高価で侵襲も伴う。そこで, 申請者は65-80%の占拠を達成する経口用量を, 末梢血内の抗精神病薬濃度から予測するモデルを開発した。しかし, このモデルを運用するには高機能コンピュータを用いる必要があるため, 一般の家庭用パソコンで使用可能なアプリを開発することを目的とした。
方法 : 我々が以前実施した抗精神病薬の用量減量PET研究のデータ(Schizophr Bull 42: 212-9 ; 2016)を用いてモデルを構築した。リスペリドンまたはオランザピンを服用中の統合失調症患者から, 2時点で採血し, 血漿中の抗精神病薬濃度が取られた。用量変更後, D2受容体占有率を測定するために[11C] racloprideをもちいてPET撮像し, 撮像時に血漿中抗精神病薬濃度を測定した。母集団血液動態モデルは "mrgsolve"を使用し, PKパラメータはMAPベイズ目的関数を最小化するために勾配降下を使用して最適化した。 また, "Shiny"パッケージを使用してユーザーインターフェイスを開発した。スキャン時の血漿中の抗精神病薬の濃度を予測し, その予測した濃度に基づいて我々の既に開発した脳内ドパミンD2受容体占拠率予測モデルを用いてD2占有率を推定した。
結果 : 実際に観察されたD2受容体占拠率と予測値は高い相関を示した(オランザピン : r=0.69, p=0.001 ; リスペリドン : r=0.65, p=0.02)。さらに, 開発したプログラムはパラメータを最適化し, 関連するすべての変数を秒単位で出力した。
考察 : 抗精神病薬の用量を変更する前に, 変更後のドパミンD2受容体占有率を予測するモデルを開発し, 家庭用コンピュータで十分に機能することを明らかにした。オープンソースソフトウェア, Rプログラミング, および公開されたPK/PDモデルを使用することで, 日常的な使用に耐えうる, 安価かつ正確なプログラムが今後使用可能になった。
Objective : Desirable therapeutic effects are achieved when antipsychotic drugs block 65-80% of dopamine D2 receptors in the brain in the treatment of schizophrenia. However, measurement of dopamine receptor occupancy, using positron emission tomography (PET), is not feasible in daily clinical practice in light of its high cost and limited availability. Therefore, we previously developed a model to predict the oral dose which achieves 65-80% occupancy from antipsychotic drug concentrations in peripheral blood. However, since it is necessary to use a high-performance computer to operate this model, we aimed to develop an application that can be used in general home computers.
Methods : Patients were dosed to steady-state on either risperidone or olanzapine and two plasma concentrations taken. After dose adjustment, a [11C]-raclopride PET scan was performed to measure D2 receptor occupancy and a third steady state concentration was taken at the time of scan. Population models were implemented using "mrgsolve" and PK parameters were optimized using gradient descent to minimize MAP Bayes objective function. "Shiny" package was used to develop user interface. Only first two plasma concentrations were used in optimization of MAP Bayes estimates, and third concentration was used for external validation. The plasma concentration at the time of the scan was predicted, and D2 occupancy was then estimated by incorporating the predicted concentration.
Results : Observed and predicted D2 occupancy levels were highly correlated (r=0.69, p=<0.001 for olanzapine ; r=0.65, p=0.02 for risperidone). In addition, the program optimized parameters and provided all relevant output in a matter of seconds. The user interface developed was convenient and simple to use for psychiatrists utilizing the program.
Discussion: The ability to predict dopamine receptor occupancy prior to a dose adjustment is clinically valuable due to the relationship between receptor occupancy and treatment outcomes. Use of the open source software, R programming, and published PK/PD models resulted in an accurate, and perhaps just as important for everyday use by clinicians, fast performing application.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 21, 2019 13:07:23  
作成日
Feb 21, 2019 13:07:23  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース