慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KO40001001-00002011-0150  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KO40001001-00002011-0150.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.3 MB
Last updated :Aug 1, 2012
Downloads : 7893

Total downloads since Aug 1, 2012 : 7893
 
Title
Title 『体験型音楽LIVEの開拓』 : 様々なライブによる試行実験  
Kana 『タイケンガタ オンガク LIVE ノ カイタク』 : サマザマナ ライブ ニ ヨル シコウ ジッケン  
Romanization "Taikengata ongaku LIVE no kaitaku" : samazamana raibu ni yoru shiko jikken  
Other Title
Title "Exploitation of the experienced type music live" : the trial experiment by various live  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 伊藤, 星輝  
Kana イトウ, セイキ  
Romanization Ito, Seiki  
Affiliation  
Affiliation (Translated)  
Role Dissertant  
Link  

Name 中村, 伊知哉  
Kana ナカムラ, イチヤ  
Romanization Nakamura, Ichiya  
Affiliation  
Affiliation (Translated)  
Role Thesis advisor  
Link  
Edition
Publisher  
Place
横浜  
Publisher
Name 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン メディア デザイン ケンキュウカ  
Romanization Keio gijuku daigaku daigakuin media dezain kenkyuka  
Date
Issued (from:yyyy) 2011  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
71 p.  
Source Title
Name  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
本論文は、人々が求める音楽の調査と実現に向けた活動と結果について記した論文である。
現在、技術の進歩により、音楽業界の市場も大きく変わってきた。CDなどのパッケージ音楽を販売し、利益を出していた音楽市場が、ノンパッケージ音楽に少しずつ移行している。
しかし人々が求めている音楽の形はもっと別のところにある。ノンパッケージ音楽に移行している音楽業界であるが、2011年現在、ノンパッケージ音楽の売り上げは全くといっていい程伸びていない。これは人々が全く別の音楽を求めているということになるのではないであろうか。事実、ライブやコンサートでの売り上げは上がっているのだ。
では人々はどんな音楽を求めているのであろう。本論文は人々が求める音楽を導き出し、音楽業界の新しい市場を見つけ出す。そして結果として音楽による収益を上げるのだ。
私は上記の目的を達成するために、ファンとアーティストの関係性について着目した。ファンはどのように音楽を楽しみ、アーティストはどのような音楽を提供出来るのか。私はファンとアーティストとの意識を統合させる。そしてファンとアーティストをより密接な関係にすることで新しい音楽の価値を人々に与えていく。
 
Table of contents

 
Keyword
音楽  

ライブ  

アーティスト  

ワークショップ  

ポップカルチャー  
NDC
 
Note

 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Thesis or Dissertation  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
Aug 01, 2012 09:00:00  
Creation date
Aug 01, 2012 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / (KMD)メディアデザイン研究科 / Master's thesis / Academic Year 2011
 
Related to