慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24652131seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24652131seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.4 MB
Last updated :Aug 5, 2019
Downloads : 215

Total downloads since Aug 5, 2019 : 215
 
タイトル
タイトル 英語スピーキング伝達能力客観テスト  
カナ エイゴ スピーキング デンタツ ノウリョク キャッカン テスト  
ローマ字 Eigo supikingu dentatsu noryoku kyakkan tesuto  
別タイトル
名前 An objective test of communicative English proficiency  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Batty, Aaron Olaf  
カナ バティ, アーロン  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学・環境情報学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80406686  

名前 Stewart, Jeffrey  
カナ スチュワート, ジェフリー  
ローマ字  
所属 九州産業大学・語学教育研究センター・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40536306  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
研究者たちは新しく「スピーキング伝達能力客観テスト(OCS)」を開発した。OCSTはタブレットPCを用いた計時情報ギャップ型テストである。伝統的な口頭運用能力テストの構成要素がテスト所要時間の原因になる事を前提に、発話者が評定者に新しい情報を述べる時間を計る。英語が第一(L1)及び第二言語(L2)である86名を対象にテストを行い、L2タスク完了時間にL1基準のスコアを当て、データは多相ラッシュ・モデルで解析された。仮説通りテストの客観的デザインは評定者の影響を弱め、評定者をモデルから除外できた。受験者の信頼性係数として0.88が観測され、多くの主観的なスピーキング能力テストの数値を上回った。
The researchers developed a new test of communicative speaking proficiency, called the Objective Communicative Speaking Test (OCST). The OCST is a timed information-gap task-based test delivered via tablet computers. The OCST measures the time required for a speaker to relate a piece of information unknown to the rater, on the assumption that more traditional components of oral proficiency will contribute to time to completion. The test was administered to a sample of 86 first- (L1s) and second-language (L2s) speakers of English, and their task completion times were assigned an L1-referenced score. The data were analyzed via many-facet Rasch analysis. As hypothesized, the objective design of the test reduced rater effects, and raters could be excluded from the model. An examinee reliability coefficient of 0.88 was observed, surpassing that of most subjective tests of speaking proficiency.
 
目次

 
キーワード
学力検査  

言語試験  

英語教育  

スピーキング伝達能力  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24652131
研究分野 : 人文学
科研費の分科・細目 : 言語学・外国語教育
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 05, 2019 09:47:58  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 5, 2019    著者,著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース