慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23791444seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23791444seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :350.2 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 1792

Total downloads since Jul 30, 2019 : 1792
 
タイトル
タイトル 周産期出血における子宮動脈NBCA リピオドール塞栓術の基礎研究  
カナ シュウサンキ シュッケツ ニ オケル シキュウ ドウミャク NBCA リピオドール ソクセンジュツ ノ キソ ケンキュウ  
ローマ字 Shusanki shukketsu ni okeru shikyu domyaku NBCA ripiodoru sokusenjutsu no kiso kenkyu  
別タイトル
名前 Basic research to embolization uterie artery using NBCA Lipiodol in perinatal bleeding  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 細川, 崇洋  
カナ ホソカワ, タカヒロ  
ローマ字 Hosokawa, Takahiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20383854  

名前 井上, 政則  
カナ イノウエ, マサノリ  
ローマ字 Inoue, Masanori  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30338157  

名前 上野, 彰久  
カナ ウエノ, アキヒサ  
ローマ字 Ueno, Akihisa  
所属 慶應義塾大学・医学研究科・大学院生  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80348755  

名前 中塚, 誠之  
カナ ナカツカ, セイシ  
ローマ字 Nakatsuka, Seishi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50188984  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
周産期出血は母子の生命を脅かす病態である。治療としてNBCAを用いた子宮動脈塞栓術が増えてきたが、塞栓範囲と効果、子宮への障害についての基礎研究は少ない。
まず、豚2匹の子宮動脈をNBCAとリピオドールの混和液を用い塞栓した後、子宮を摘出し、NBCAの分布の範囲を検討した。分解能の高い軟X線を用いた場合、より分布範囲を明瞭に確認することが可能であった。次に、豚2匹の子宮動脈を同様に塞栓した後、2週間飼育した。飼育後、血管造影を行い塞栓物質の残存の程度を塞栓直後と比較した。2週間の間では、子宮動脈内への血管内塞栓物質の残存濃度は異なっていたが、分布の範囲の程度には変化はみられなかった。
Perinatal bleeding is a condition that threatens the life of patient. Now, embolization from the uterine artery has been attempted. And embolization using NBCA has also increased. But there were a few pathological basic research after using NBCA. 
First, the uterine artery of two pigs was embolization using lipiodol and NBCA. Hysterectomy was performed to examine the extent of the NBCA and Lipiodol, and to observe in pathologic evaluation. The distribution of embolization material evaluated by soft X-ray was almost concordant by pathological evaluation. Second, after embolization using NBCA, two pigs were fed two weeks. Then angiography was performed to evaluate in the extent of embolic material. Then, we examined pathologically extent of embolic material, the effects on endometrium. In two weeks, it appeared that the degree of residual intravascular embolic material had different concentrations, but not change the extent of the range of distribution.
 
目次

 
キーワード
NBCA  

偽妊娠豚子宮動脈塞栓  

子宮動脈塞栓  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23791444
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学 放射線科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 14:34:01  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (586) 1st
2位 ダイナミック・ケ... (520)
3位 日本におけるスペ... (416)
4位 ロマン主義として... (356)
5位 新自由主義に抗す... (312)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1840年代三田尻宰... (908) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (719)
3位 アルコール発酵の... (682)
4位 中和滴定と酸塩基... (515)
5位 ナイロン66のATR... (482)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース