慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_22240004seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_22240004seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :790.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 427

Total downloads since Dec 11, 2014 : 427
 
タイトル
タイトル 分散プロトコルと並列プロセッサによる高度エネルギー制御ネットワークの研究  
カナ ブンサン プロトコル ト ヘイレツ プロセッサ ニ ヨル コウド エネルギー セイギョ ネットワーク ノ ケンキュウ  
ローマ字 Bunsan purotokoru to heiretsu purosessa ni yoru kodo enerugi seigyo nettowaku no kenkyu  
別タイトル
名前 A study of Noble Energy Control Network by distributed protocol and parallel processing.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 山中, 直明  
カナ ヤマナカ, ナオアキ  
ローマ字 Yamanaka, Naoaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部・情報工学科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80383983  

名前 岡本, 聡  
カナ オカモト, サトル  
ローマ字 Okamoto, Satoru  
所属 慶應義塾大学・理工学研究科・特任教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10449027  

名前 山口, 正泰  
カナ ヤマグチ, マサヤス  
ローマ字 Yamaguchi, Masayasu  
所属 慶應義塾大学・理工学研究科・特任准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60509967  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
スマートネットワークをキーワードに、分散処理のICT技術を活用した仮想電力会社(EVNO : Virtual Network Operator)を提案し、電力の需給調整と平滑化手法、自然エネルギー発電量の予測、電力削減要請時の公平な電力削減手法について研究した。
具体的には、電力価格は需要が多い時は高価格となる価格変動制へ移行する事を考慮して、電力需給マッチング方式、電力需要のピーク低減手法、太陽光発電量の予測手法、地産地消を目指す電力源の分散/並列協調型探索手法、ユーザの満足度を考慮した電力削減手法、HGW間でユーザの意向に従って自律的に電力の需給調整を行うM2Mプラットフォームについて研究した。
In this research, we proposed the EVNO (Energy Virtual Network Operator) utilizing distributed ICT technologies for the Smart Network. To realize the EVNO, we have studied the demand response control between power supply and demand, the smoothing of power demand, the prediction method of power generation amount using natural energy, and the fair reduction method of demand. 
Considering that the electricity fee becomes expensive in high power demand period, we have studied the matching method between power demand and supply, reduction of peak demand, prediction of generating solar power amount, the search method of localized power source. Finally, M2M platform that performs power supply and demand autonomously between HGWs in accordance with the user's policy is also developed.
 
目次

 
キーワード
ネットワークアーキテクチャ  

スマートグリッド  

EVNO  

M2M  

電力スケジューリング  

電力需給制御  

ベストミックスエネルギー  

ネガワット  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(A)
研究期間 : 2010~2013
課題番号 : 22240004
研究分野 : 総合領域
科研費の分科・細目 : 情報学・計算機システム・ネットワーク
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:29:33  
作成日
Dec 11, 2014 11:29:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース