慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K01373seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K01373seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :207.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 13

Total downloads since Oct 31, 2019 : 13
 
タイトル
タイトル ダイナミックファントムによる高密度プローブ拡散光イメージング法の実証実験  
カナ ダイナミック ファントム ニ ヨル コウミツド プローブ カクサンコウ イメージングホウ ノ ジッショウ ジッケン  
ローマ字 Dainamikku fantomu ni yoru kōmitsudo purōbu kakusankō imējinguhō no jisshō jikken  
別タイトル
名前 Experimental validation of diffuse optical imaging using high-density probe configuration by the dynamic head phantom  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡田, 英史  
カナ オカダ, エイジ  
ローマ字 Okada, Eiji  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40221840  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
拡散光イメージング法による脳機能計測における高密度プローブ配置の効果を実験的に検証するためのダイナミック頭部ファントムを設計、製作した。このファントムは、5層の平行平板で構成され、大脳皮質に相当する深さの部位に脳活動を模擬した局所吸収変化と、頭皮に相当する深さの部位に皮膚の血液量変化を模擬した広域の吸収変化を独立して生じさせることが可能である。
ダイナミック頭部ファントムを用いて、複数の間隔のプローブ・ペアを用いて頭皮の血液量変化の影響を除去する測定法と高密度プローブ配置と画像再構成によって空間分解能を向上させる測定法について、その有効性を実験的に検証した。
The dynamic head phantom for the brain function measurement by diffuse optical imaging was designed and constructed to validate the effect of high-density probe configurations. The dynamic head phantom was made of polyoxymethylene and epoxy resin and consists of five parallel layers. Absorbers mimicking the localized brain activation and the global blood volume change in the skin were embedded in the layers mimicking the brain cortex and scalp, respectively. The layers embedded the absorbers were attached to the x-y stages in order to change the position of the absorbers.
The effect of multi-distance probe configurations for the elimination of the scalp signal contamination and the improvement of the spatial resolution of the brain function image was experimentally validated by the phantom. The results indicate that the proposed dynamic phantom is effective for the validation of the performance of diffuse optical imaging instruments.
 
目次

 
キーワード
光脳機能イメージング  

ファントム  

画像再構成  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K01373
研究分野 : 生体医用光工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース