慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN10425830-20060000-0015  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10425830-20060000-0015.pdf
Type :application/pdf Download
Size :365.5 KB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 4989

Total downloads since Apr 27, 2007 : 4989
 
タイトル
タイトル 都市圏設定に関する一考察 : 日本・アメリカ合衆国・英国の定義を比較する  
カナ トシケン セッテイ ニ カンスル イチコウサツ : ニホン アメリカ ガッシュウコク エイコク ノ テイギ オ ヒカクスル  
ローマ字 Toshiken settei ni kansuru ichikosatsu : Nihon Amerika gasshukoku Eikoku no teigi o hikakusuru  
別タイトル
名前 A note for defining functional urban regions  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 長田, 進  
カナ オサダ, ススム  
ローマ字 Osada, Susumu  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2006  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 社会科学  
翻訳  
 
16  
2006  
 
開始ページ 15  
終了ページ 28  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
501602  
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録

 
目次
1 最初に
2 米国の都市圏定義
2-1 標準大都市圏(Standard Metropolitan Statistical Area, SMSA)
2-2 Core Based Statistical Area(CBSA)
3 英国の都市圏定義
3-1  標準大都市労働圏(Standard Metopolitan Labour Areas, SMLA)と
    大都市経済労働圏(Metropolitan Economic Labour Area, MELA)
3-2  Hall and Hay (1980)の機能的都市圏域(Functional Urban Regions, FUR)
3-3 地方労働市場圏(Local Labour Market Area, LLMA)
4 日本の都市圏定義
4-1 大都市圏・都市圏
4-2 地域経済クラスター(Regional Economic Cluster, REC)と川嶋の機能的都市地域(Functional Urban Region, FUR)
4-3 標準都市雇用圏(Standard Metropolitan Employment Area, SMEA)
4-4 日本機能的都市圏(Japanese Functional Urban Area, JFUA)
4-5 都市雇用圏(Urban Employment Area, UEA)
5 終わりに―今後の方向性―
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
 
作成日
Apr 27, 2007 13:34:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 社会科学 / 16 (2005)
 
関連アイテム