慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20080331-0025  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
PDF¥AN10030060-20080331-0025.pdf
Type :application/pdf Download
Size :231.1 KB
Last updated :Jun 4, 2008
Downloads : 1488

Total downloads since Jun 4, 2008 : 1488
 
タイトル
タイトル A frame-semantic contrastive cext analysis : toward representation of lexicon and grammar in framenets  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 フレーム意味論的比較対照テキスト分析の試み  
カナ フレーム イミロンテキ ヒカク タイショウ テキスト ブンセキ ノ ココロミ  
ローマ字 Furemu imironteki hikaku taisho tekisuto bunseki no kokoromi  
著者
名前 小原, 京子  
カナ オハラ, キョウコ  
ローマ字 Hirose Ohara, Kyoko  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳  
 
52  
2008  
 
開始ページ 25  
終了ページ 38  
ISSN
09117180  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In summary, this paper has demonstrated that the method adopted by Ellsworth et al. in their frame-based contrastive text analysis, which builds on the existing FrameNet convention to analyze only the semantics of frame-evoking predicates, is not suffi cient to describe complex interactions between lexicon and grammar. Such interactions should be recorded and
accounted for, in order for us to understand how languages encode the same scene differently and still allow us to come up with comparable construals of the scene, no matter in which language we read. This paper also proposed a way to represent interactions between lexical units and grammatical constructions, as an extension of the current FrameNet annotation methodologies. By addressing the necessity for representing interactions between lexicon and grammar in English and Japanese FrameNets from the viewpoints of contrastive text analysis, it is hoped that this paper will contribute to the development of "Constructicon" proposed by Fillmore 2006.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 04, 2008 09:00:00  
作成日
Jun 04, 2008 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 52 (2008)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース