慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00234698-20090800-0047  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN00234698-20090800-0047 -.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.6 MB
Last updated :May 15, 2015
Downloads : 382

Total downloads since May 15, 2015 : 382
 
Title
Title 環境変化に依存した周期変動と進化ゲーム  
Kana カンキョウ ヘンカ ニ イゾンシタ シュウキ ヘンドウ ト シンカ ゲーム  
Romanization kankyo henka ni izonshita shuki hendo to shinka gemu  
Other Title
Title A Periodic Solution of a Replicator Dynamics with Periodic Coefficients  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 木戸, 一夫  
Kana キド, カズオ  
Romanization Kido, Kazuo  
Affiliation 慶應義塾大学商学部  
Affiliation (Translated)  
Role  
Link  
Edition
publisher  
Place
東京  
Publisher
Name 慶應義塾大学出版会  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
Romanization Keio gijuku daigaku shuppankai  
Date
Issued (from:yyyy) 2009  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 三田商学研究  
Name (Translated) Mita business review  
Volume 52  
Issue 3  
Year 2009  
Month 8  
Start page 47  
End page 60  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
環境の周期変動が最適行動に与える影響を,拡張された進化ゲームの枠組みで考察する。行動は企業の活動の仕方を表し,それは大きく分けて2通りあるとする。各行動を選択したときにどれだけの利益になるかは,ゲームの期待利得の形で定まるとする。さらに,その利得行列は環境変化の影響を受けて周期的に変化するとする。すなわち,環境がどちらの行動に有利に働くかが,交互に入れ替わるとする。ここで,2種類の慣性を加味する。1つ目は,環境変化が利得構造に影響を及ぼす部分に働く慣性で,いきなり不利から有利に変わるのではなく,じわじわと影響が浸透してくる状況を考える。2つ目は,企業が行動を選択する部分に働く慣性で,今までのやり方を一気に捨てることはできず,じわじわと移行していく状況を考える。このとき,2つの行動を選択する企業の割合はどう変化するのだろうか? 典型的には,2つの行動は勢力を強めたり弱めたりしながら共存する,である。しかしながら,環境が変わっても制度は容易に変えられない場合が多いように,一方の行動が消滅していってしまう場合もあるのである。それはいかなる条件が満たされるときなのか? また逆に,いかなる条件があれば,あるいは,いかなる後押しがあれば,そのような事態を避けることができ,いわば改革が成功するのか? そういったことを新しいモデルを通じて考察する。
Based on the dramatic environmental change, Japanese firms have to strengthen the selection and concentration of their businesses and build their organizational capabilities to promote their human resources and Information Technology.  We executed the questionnaire survey concerning the organizational capability towards Japanese listed companies under the research fund titled “Revival strategy by the restructuring of the organizational capabilities”.  The questionnaire are made of several aspects of capability, which are Information gathering and analysis, information transmission and sharing and utilities of organizational resources and human resources.   This material explains these total results.  Results show the competitive aspects and weak aspects of the Japanese firm’s organizational capabilities.
 
Table of contents

 
Keyword
慣性  

経済特区  

周期変動  

進化ゲーム  

すみ分け  

相関戦略  

大規模ゲーム  

パーシステンス(共存性)  

レプリケーター力学系  

ロジスティック曲線  
NDC
 
Note
論文
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
 
Full text URI
 
Access conditions

 
Last modified date
May 15, 2015 15:52:42  
Creation date
Apr 16, 2010 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
Jul 12, 2010    フリーキーワード, 版, 本文, キーワード を変更
Jul 12, 2010    フリーキーワード, インデックス, キーワード を変更
Jul 29, 2010    フリーキーワード, インデックス, キーワード を変更
May 15, 2015    フリーキーワード, 抄録, 本文 を変更
 
Index
/ Public / Faculty of Business and Commerce / Mita business review / 52 (2009) / 52(3) 200908
 
Related to