慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-19950225-04084093  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-19950225-04084093.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.8 MB
Last updated :Apr 26, 2007
Downloads : 2056

Total downloads since Apr 26, 2007 : 2056
 
タイトル
タイトル EC自動車産業における産業内貿易と産業内分業  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 Intra-industry Trade and Intra-industry Specialization int he Automobile Industry in EC  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 遠藤, 正寛  
カナ エンドウ, マサヒロ  
ローマ字 Endo, Masahiro  
所属 慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 1995  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
37  
6  
1995  
2  
開始ページ 37  
終了ページ 62  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
産業内貿易の発生要因は,理論的には4つに分類できる。すなわち,メーカーの特質を生かして他社の製品との差別化を図る製品差別化型,メーカーの市場毎の寡占的競争による企業戦略型,同一産業内における個々の製品項目毎に国際分業が進展する製品特化型,そして細分化された生産工程が国境を越えて展開する生産工程分業型である。ここで産業内分業と呼べるのは製品特化型と生産工程分業型だけであり,産業内貿易と産業内分業は異なる概念である。現在,産業内貿易は広範な地域で活発に展開されているが,EC自動車産業の産業内貿易も1980年代を通じて増加しており,この傾向は為替レートの影響を取り除き,数量だけで測っても見出せる。そして,この増加はEC自動車産業における産業内分業によるものではなく,製品差別化型あるいは企業戦略型の産業内貿易の発生によることが,各種データから示される。
 
目次

 
キーワード
産業内貿易  

産業内分業  

EC自動車産業  

製品差別化型  

企業戦略型  

製品特化型  

製品工程分業型  

産業内貿易指数  
NDC
 
注記

 
言語
 
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
 
作成日
Apr 26, 2007 12:58:06  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 37 (1994) / 37(6) 199502
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 自由民主党と日中... (410) 1st
2位 心理尺度の回答カ... (408)
3位 汎心論と物理主義 (290)
4位 独占禁止法制にお... (202)
5位 犯罪とわが国民性 (196)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 現住建造物等放火... (578) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (531)
3位 中和滴定と酸塩基... (364)
4位 アセトアニリドの... (311)
5位 アルコール発酵の... (302)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース