慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00234610-20170701-0003  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20170701-0003.pdf
Type :application/pdf Download
Size :420.5 KB
Last updated :Jul 2, 2018
Downloads : 138

Total downloads since Jul 2, 2018 : 138
 
タイトル
タイトル マルクス派最適成長論の諸次元  
カナ マルクスハ サイテキ セイチョウロン ノ ショジゲン  
ローマ字 Marukusuha saiteki seichoron no shojigen  
別タイトル
名前 Value, price of production, and price in Marxian optimal growth theory  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大西, 広  
カナ オオニシ, ヒロシ  
ローマ字 Onishi, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
110  
2  
2017  
7  
開始ページ 99(3)  
終了ページ 111(15)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
「マルクス派最適成長論」は, 労働価値説を基礎にマルクス史的唯物論の基本命題を導くために開発されたものであるが, 個別経済主体の最適化行動を基礎としたモデルを基本としているために近代経済学上の諸概念とも接続可能な論理構成を持っている。また, ここでは価値と価格の関係も明示されているので, 『資本論』の最も原理的な問題領域を論じる特集の基調論文として「マルクス派最適成長論」とその周辺の諸問題をまとめた。具体的には, 限界原理と労働価値説との関係, 「地代」を論じる次元の特定化, 新解釈学派と単一体系学派の問題, 「価格」レベルにおける利子取得を価値レベルでどう捉えるかといった問題である。
Marxian optimal growth theory was developed to provide direction to the basic proposition of Marxian historical materialism on the basis of the labor theory of value and is also based on the optimization theory of individual agents so as to connect to modern economic theory. The relationship between value and price is also specified in Marxian optimal growth theory. Thus, I introduce this model in this paper as a keynote article discussing the most fundamental issues of Marx's Capital. In particular, the relationship between the marginal principle and the labor theory of value, special theoretical dimension of "rent," problems of the newinterpretation and single-system schools, and two dimensions of the category of "interest" are discussed in this paper.
 
目次

 
キーワード
マルクス派最適成長論  

単一体系学派  

価格  

価値  

生産価格  

Marxian optimal growth theory  

single-system school  

value  

price  

price ofproduction  
NDC
 
注記
特集 : 『資本論』数理化研究の最先端
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 02, 2018 09:51:05  
作成日
Nov 06, 2017 14:24:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 2, 2018    本文,版,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 110 (2017) / 110(2) 201707
 
関連アイテム