慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000142-0245  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000142-0245.pdf
Type :application/pdf Download
Size :392.9 KB
Last updated :Jul 16, 2019
Downloads : 158

Total downloads since Jul 16, 2019 : 158
 
タイトル
タイトル 心理尺度の回答カテゴリに関する検討  
カナ シンリ シャクド ノ カイトウ カテゴリ ニ カンスル ケントウ  
ローマ字 Shinri shakudo no kaitō kategori ni kansuru kentō  
別タイトル
名前 Classification of psychological scales based on the response category  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 増田, 真也  
カナ マスダ, シンヤ  
ローマ字 Masuda, Shinya  
所属 慶應義塾大学看護医療学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
142  
2019  
3  
開始ページ 245  
終了ページ 267  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The response formats in self-rated psychological scales are known to influence how people respond to the question items of these scales. However, response formats are not given careful consideration when designing questionnaires. In this article, the effects of different methods of displaying options on response behaviors were reviewed; and the type of response formats in scales developed in Japan and Western countries was classified based on the number of options, order, and labels. The main results of classification types indicated the following: (a) items of scales developed in Japan are usually measured on a five-point scale, whereas those developed in Western countries use a seven-point scale; (b) the response options of nearly all the scales has an ascending order; and (c) response categories of many scales developed in Japan has the anchors "strongly disagree―strongly agree".  Moreover, types of response options used in recent years tend to be homogenized. The problems of response formats in psychological assessment and issues remaining for clarification in future studies are discussed.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 坂上貴之教授 退職記念号#寄稿論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 16, 2019 15:31:58  
作成日
Jul 16, 2019 15:31:58  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 16, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 142 (201903)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「劣等生からの謝... (637) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (323)
3位 中世イスラーム世... (243)
4位 ロマン主義として... (241)
5位 犯罪とわが国民性 (229)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 BUILDING PUBLIC ... (257) 1st
2位 ODATE GAME : cha... (172)
3位 新自由主義に抗す... (156)
4位 ジャニーズのアイ... (153)
5位 一九三〇年代にお... (120)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース