慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN0006957X-00000081-0081  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN0006957X-00000081-0081.pdf
Type :application/pdf Download
Size :906.5 KB
Last updated :Aug 25, 2016
Downloads : 578

Total downloads since Aug 25, 2016 : 578
 
タイトル
タイトル 大規模被災後の大学キャンパスにおける一時避難所運営と関連する心理学的知見一覧  
カナ ダイキボ ヒサイゴ ノ ダイガク キャンパス ニ オケル イチジ ヒナンジョ ウンエイ ト カンレンスル シンリガクテキ チケン イチラン  
ローマ字 Daikibo hisaigo no daigaku kyanpasu ni okeru ichiji hinanjo unei to kanrensuru shinrigakuteki chiken ichiran  
別タイトル
名前 Improving large-magnitude earthquake relief on university campuses : managing temporary evacuation centers and considering psychological consequences  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 今井, 芳昭  
カナ イマイ, ヨシアキ  
ローマ字 Imai, Yoshiaki  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 原, 雄士郎  
カナ ハラ, ユウシロウ  
ローマ字 Hara, Yushiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 林原, 晃人  
カナ ハヤシバラ, アキト  
ローマ字 Hayashibara, Akito  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 飯田, 紘太郎  
カナ イイダ, コウタロウ  
ローマ字 Iida, Kotaro  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 中島, 寛陽  
カナ ナカジマ, ヒロアキ  
ローマ字 Nakajima, Hiroaki  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 高野, 裕介  
カナ タカノ, ユウスケ  
ローマ字 Takano, Yusuke  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン シャカイガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin shakaigaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学心理学教育学 : 人間と社会の探究  
翻訳 Studies in sociology, psychology and education : inquiries into humans and societies  
 
81  
2016  
 
開始ページ 81  
終了ページ 107  
ISSN
0912456X  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of the present study was to create a comprehensive list of earthquake evacuation procedures for university campuses. We also created materials designed to increase awareness of the psychological effects experienced by those on campus following an earthquake. In 2014, the Earthquake Research Committee reported greater than 26% chance of an earthquake, with a seismic intensity of 6.0 or more on the Richter scale, striking Tokyo and its surrounding areas within the next 30 years. Initially, our research found that 10 universities in Central Tokyo have manuals for disaster prevention and management. However, the majority did not appear to have an appropriate evacuation center management program following a large-magnitude earthquake.
Our first step was to create a list of procedures that would enable campus evacuation centers to help survivors for a seven-day period following an earthquake. Procedures following the first 30 min of an earthquake include collecting campus information, considering the environment on the campus, creating a list of students on the campus, and supporting the evacuees on the campus. Procedures that must be followed within the hours following an earthquake include managing food and water availability, preventing fire and crime, aiding other evacuation centers, and providing psychological aid to the survivors. In addition, students and faculty members should consider their possible roles in providing aid while still being flexible enough to adapt to changes in the situation.
Our next goal was to enhance the efficiency of evacuation center management through psychological training. For this purpose, an inventory was created focusing on four sections of psychology: clinical, social and disaster, memory and learning, and perceptual and cognitive psychology. The clinical psychology section consisted of 9 items and covered post-traumatic stress disorder (PTSD), burnout, psychological first-aid, and perceived control. The social and disaster psychology section had 21 items that included the false consensus effect and the bystander effect. The memory and learning psychology section had 7 items, including flashbulb memory, false memory, and operant conditioning. The final section, perceptual and cognitive psychology, had 10 items related to negativity bias, human error, and risk-taking. An abbreviated version of this inventory may improve university members' understanding of psychology during a crisis.
Interactive risk communication during normal conditions among university authorities, faculty members, and students can greatly improve quick and efficient handling of large-magnitude earthquakes. In the present article, we urge university members to consider campus evacuation management from the point of view of risk communication, risk governance, and knowledge of psychological concepts.
 
目次

 
キーワード
large-magnitude earthquake  

university campus  

evacuation center  

大規模地震  

大学キャンパス  

避難所  
NDC
 
注記
論文
挿表
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 25, 2016 16:34:35  
作成日
Aug 25, 2016 16:34:35  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 社会学研究科 / 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 / 81 (2016)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース