慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AA10715861-00000144-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA10715861-00000144-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :477.6 KB
Last updated :Oct 12, 2018
Downloads : 106

Total downloads since Oct 12, 2018 : 106
 
タイトル
タイトル Benchmark 2011 integrated estimates of the Japan-U.S. price level index for industry outputs  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 野村, 浩二  
カナ ノムラ, コウジ  
ローマ字 Nomura, Koji  
所属 慶應義塾大学産業研究所教授; 経済産業研究所ファカルティフェロー  
所属(翻訳) Professor, Keio Economic Observatory (KEO), Keio University; Faculty Fellow, Research Institute of Economy, Trade and Industry (RIETI)  
役割  
外部リンク  

名前 宮川, 幸三  
カナ ミヤガワ, コウゾウ  
ローマ字 Miyagawa, Kozo  
所属 立正大学経済学部教授  
所属(翻訳) Professor, Faculty of Economics, Rissho University  
役割  
外部リンク  

名前 Samuels, Jon D.  
カナ  
ローマ字  
所属 Research Economist, U.S. Bureau of Economic Analysis, U.S. Department of Commerce  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Observatory Sangyo Kenkyujo  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
29 p.  
上位タイトル
名前 KEO discussion paper  
翻訳  
 
144  
2018  
10  
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper provides new benchmark estimates of industry-level price differentials between Japan and the U.S. for 2011 based on a bilateral price accounting model anchored to the Japan-US input-output tables. We apply the model to translate available demand-side data on purchaser's price PPPs for final uses (e.g. the Eurostat-OECD PPPs) and intermediate uses (e.g. the METI survey) to unmeasured producer's price PPPs for industry output. These PPPs allow us to produce price level indexes at the industry level, which we use to assess price competitiveness between Japan and the U.S. Under the nominal exchange rate of 110.6 yen per dollar as of the beginning of July 2018, we estimate that producers in Japan have a pricing advantage in 66 of 106 industries in the manufacturing sector, and in 24 of 50 industries in the service sector. We conclude that price competitiveness of Japanese service industries has considerably improved in the more recent time period. However, Japanese producers have a significant price disadvantage in comparison to their U.S. counterparts in electricity and gas supply, and most of the agricultural producing industries.
 
目次

 
キーワード
Purchasing Power Parity  

International Input-Output Tables  

Price Level Indexes  

International Competitiveness  
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 12, 2018 10:25:44  
作成日
Oct 12, 2018 10:25:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO discussion paper / 101-149
 
関連アイテム