慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0046  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0046.pdf
Type :application/pdf Download
Size :151.1 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 139

Total downloads since Mar 28, 2022 : 139
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 大脳皮質構造の形成機構  
カナ ダイノウ ヒシツ コウゾウ ノ ケイセイ キコウ  
ローマ字 Dainō hishitsu kōzō no keisei kikō  
別タイトル
名前 Mechanisms of cerebral cortical development  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 仲嶋, 一範  
カナ ナカジマ, カズノリ  
ローマ字 Nakajima, Kazunori  
所属 慶應義塾大学医学部基礎教室  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
2 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
大脳皮質神経細胞は脳室面近くで誕生し、脳の表層に向かって移動する。脳の最表層に豊富に存在する細胞外糖タンパク質リーリンは、移動する神経細胞に働きかけてその移動をコントロールする働きを持ち、その欠損は大脳皮質層構造の全体的な逆転を引き起こすことが知られている。リーリンは2種類の受容体と結合して働くが、これら受容体の移動神経細胞に対する機能の違いについてはよくわかっていなかった。本研究では、2種類の受容体が別の機能を持つのかを調べるために、リーリンを人為的に本来とは異なる場所で(異所的に)発現させる実験系を用いた。発生途中のマウス大脳皮質にリーリンを人為的に強制発現させると、神経細胞はその異所的に発現したリーリンの周囲に集まって細胞凝集塊を作ることを以前我々は見出した。その際、神経細胞はリーリンが濃縮して存在する中心部分には侵入せず、その周囲に規則正しく整列して凝集塊を作る。リーリンの受容体のうちApoER2を欠損したマウスでリーリンを人為的に強制発現させると、神経細胞はリーリンに反応せず集合しないことを我々は以前報告した。今回の研究では、もう一つの受容体であるVLDLRを欠損したマウスを用いて調べたところ、神経細胞はリーリンに反応して集合するものの、正しい位置に停止できず不規則に並ぶことを見出した。またVLDLRを欠損したマウスの発生過程の脳でも、神経細胞が本来停止すべき位置で停止せず、それを越えてしまうことも観察された。これらの結果は、リーリンは神経細胞に対して、まずApoER2を介して集合させ、次にVLDLRを介して正しい位置に留まらせて整列させることを示しており、同じ分子が2種類の受容体を使い分けることで別の働きをしていることが明らかになった。今後、受容体の使い分けを可能にするメカニズムを解明することにより、脳作りの基盤の理解につながると期待される。
In the developing cerebral neocortex, migrating neurons stop migration and form layers beneath the marginal zone (MZ). Reelin plays essential roles in these processes via its receptors, apolipoprotein E receptor 2 (ApoER2) and very low density lipoprotein receptor (VLDLR). Although we recently reported that Reelin causes neuronal aggregation via ApoER2, which is thought to be important for the subsequent layer formation, it remains unclear what effect Reelin exerts via the VLDLR. In this study, we found that ectopic Reelin overexpression in the Vldlr-mutant cortex causes neuronal aggregation, but without a MZ-like cell-sparse central region that is formed when Reelin is overexpressed in the normal cortex. We also found that both the early-born and late-born Vldlr-deficient neurons invade the MZ and exhibit impaired dendrite outgrowth from before birth. These results suggest that VLDLR is not a prerequisite for Reelin-induced neuronal aggregation and that the major role of VLDLR is to suppress neuronal invasion into the MZ during neocortical development.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:44  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (1291) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (462)
3位 新自由主義に抗す... (404)
4位 In-vivo kinemati... (315)
5位 石垣島の「エコツ... (280)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (958) 1st
2位 酢酸エステル類の... (599)
3位 文化資本概念の現... (533)
4位 興味が引き起こさ... (511)
5位 インフルエンサー... (479)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース