慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KO12003001-00002020-0040  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KO12003001-00002020-0040.pdf
Type :application/pdf Download
Size :123.1 KB
Last updated :Mar 28, 2022
Downloads : 64

Total downloads since Mar 28, 2022 : 64
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 形質細胞様樹状細胞移植による急性肝不全に対する新規治療法の開発  
カナ ケイシツ サイボウヨウ ジュジョウ サイボウ イショク ニ ヨル キュウセイ カンフゼン ニ タイスル シンキ チリョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Keishitsu saibōyō jujō saibō ishoku ni yoru kyūsei kanfuzen ni taisuru shinki chiryōhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Transplantation of plasmacytoid DCs for the treatment of acute liver failure  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中本, 伸宏  
カナ ナカモト, ノブヒロ  
ローマ字 Nakamoto, Nobuhiro  
所属 慶應義塾大学医学部臨床教室  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前 福澤基金運営委員会  
カナ フクザワ キキン ウンエイ イインカイ  
ローマ字 Fukuzawa kikin un'ei iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 p.  
上位タイトル
名前 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
形質細胞様樹状細胞(pDC)は、炎症誘発性細胞と免疫抑制細胞として機能する2つの役割を果たす。私達は最近、難治性急性肝不全の治療のためのpDC療法の可能性を明らかにした。一方、将来的な臨床応用のためpDCをより効率的に肝臓にdeliveryする方法の検討が必要である。

1. 急性肝障害モデルマウスを用いた pDCの臓器特異的遊走機序
ConA投与後急性肝障害を発症したマウスのSiglec-H+PDCA-1+ pDCの数は末梢血、肝臓いずれにおいても著明に減少し、pDCが特異的に除去されたSiglec-H-DTRマウスにおいて同肝障害の増悪が認められた。一方、治療応用を想定し肝炎誘発後にFlt-3L添加骨髄細胞由来pDCを経静脈的にマウスに投与すると肝障害の軽減が認められた。さらに,小腸ホーミングレセプターとして知られるCCR9を欠損させた pDCを用いると、pDCの肝集積が高まり、肝障害の軽減作用が増強されることが明らかとなった。以上より、pDCを用いた急性肝障害の病態制御が有用である可能性が示唆された。

2. CCR9欠損によるpDC抑制機能への影響
pDCの抑制機能がCCR9の発現に依存するか否かを明らかにするために、WTマウスとCcr9-/-マウスより分離したpDCを用いて免疫抑制に関与する遺伝子発現の比較解析を行った。その結果、両者間で代表的なpDC関連遺伝子の発現に有意差を認めなかった。次に、CCR9+BMpDCまたはCCR9-BMpDCをCD3/CD28で刺激されたCD4+CD25-エフェクターT(Teff)細胞と4日間共培養し、T細胞のproliferationへの影響を検討した。pDCはTeff細胞の増殖とIFN-γの産生を有意に抑制する一方、CCR9の有無による差は認めなかった。以上より、pDCにおけるCCR9発現はその遺伝子発現、および免疫抑制能には影響を与えず、むしろ臓器特異的なホーミングに関わることが示唆された。
Plasmacytoid dendritic cells (pDCs) present a dual role, functioning as pro-inflammatory and immunosuppressive cells. We have recently demonstrated the potential of pDC therapy for the treatment of intractable acute liver failure; however, further development of methods to efficiently deliver pDCs to the liver is required for future clinical application of this therapeutic approach.

1. Organ-specific migration mechanism of pDC using acute liver injury model mice
The number of Siglec-H + PDCA-1 + pDCs in mice that developed acute liver injury after ConA administration was markedly reduced in both peripheral blood and the liver. Note, exacerbation of the liver injury was observed in Siglec-H-DTR mice where pDCs were specifically removed. On the other hand, assuming therapeutic application, intravenous administration of oDCS derived from Flt-3L-added bone marrow cells to mice after induction of hepatitis was found to reduce the liver damage. Furthermore, it was clarified that the use of pDC deficient in CCR9, which is known as a small intestinal homing receptor, increases the hepatic accumulation of and further enhances the hepatoprotective effect. Based on these results, it was suggested that pDCs might be applicable for regulating acute liver injuries.

2. CCR9 deficiency does not influence the pDC suppressive function in vitro.
To clarify whether the suppressive function of pDCs depends on the CCR9 expression, we compared the expression of genes involved in immune suppression in BM pDCs derived from WT mice and Ccr9-/- mice. There was no significant difference in the expression of the representative pDC-related genes. Next, we compared the ability of pDCs to suppress T cell proliferation and IFN-γ production. To this end, CCR9+ BM pDCs or CCR9- BM pDCs were co-cultured with CD3/CD28-stimulated CD4+CD25- effector T (Teff) cells for 4 days. We confirmed that pDCs suppressed the proliferation of Teff cells and IFN-γ production regardless of the CCR9 expression. Collectively, these results suggest that CCR9 expression on pDCs does not influence their suppressive function.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
申請種類 : 福澤基金研究補助
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 28, 2022 10:40:43  
作成日
Mar 28, 2022 10:40:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 28, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 福澤諭吉記念慶應義塾学事振興基金事業報告集 / 2020年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース