慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26560245seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26560245seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :312.0 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 571

Total downloads since Jan 6, 2017 : 571
 
タイトル
タイトル インフルエンザウイルス結合性ペプチドの熱力学的因子を考慮した分子進化と機能評価  
カナ インフルエンザ ウイルス ケツゴウセイ ペプチド ノ ネツ リキガクテキ インシ オ コウリョシタ ブンシ シンカ ト キノウ ヒョウカ  
ローマ字 Infuruenza uirusu ketsugosei pepuchido no netsu rikigakuteki inshi o koryoshita bunshi shinka to kino hyoka  
別タイトル
名前 Molecular evolution and functional analysis of influenza virus-binding peptides  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 智典  
カナ サトウ, トシノリ  
ローマ字 Sato, Toshinori  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00162454
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
新型インフルエンザウイルス(IFV)の出現によるパンデミックの対策のために, ウイルスの検出手法の開発と感染阻害剤の開発について検討した。ファージディスプレイ法で得られたIFVのヘマグルチニン(HA)結合性ペプチドとHAとの相互作用の熱力学的パラメーターを等温滴定カロリメーターにより評価した。HAの糖鎖認識ポケットのサイズに適した5残基のペプチドは15残基のペプチドと同程度の水素結合で相互作用していることが示された。得られた5残基のペプチド配列ARLPRは, 多様な亜型に対して高い感染阻害活性を示した。さらに, ダイヤモンド電極表面に固定化することで, 高感度にIFVを検出することにも成功した。
For taking measures against pandemic by emerging of new strains of influenza virus (IFV), we carried out the development of virus detection method and infection inhibitor using IFV-binding peptides. IFV hemagglutinin (HA)-binding peptides were selected from a phage-displayed peptide library. Thermodynamic parameters for the interaction between peptides and HA were determined by isothermal titration calorimetry, and it was indicated that pentapeptides suitable for the size of the receptor-binding pocket in HA showed the similar enthalpy change with pentadecapeptides. The pentapeptide ARLPR showed high infection inhibition activity against major IFV subtypes. Furthermore, by the immobilization of the HA-binding peptides on diamond electrode, we could achieve highly sensitive detection of IFV.
 
目次

 
キーワード
ペプチド  

インフルエンザウイルス  

ヘマグルチニン  

ファージディスプレイ法  

等温滴定型カロリメーター  

感染阻害剤  

ダイヤモンド電極  

ウイルスセンシング  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2014~2015
課題番号 : 26560245
研究分野 : 生命科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:19:07  
作成日
Dec 27, 2016 11:19:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (506) 1st
2位 越境するファシズ... (497)
3位 ドイツのSNS対策... (470)
4位 アルコール発酵の... (431)
5位 日本における小売... (386)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (960) 1st
2位 刑法における因果... (874)
3位 Consumption of i... (771)
4位 家族主義と個人主... (584)
5位 Instagram解析に... (583)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース