慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26461897seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26461897seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :419.1 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 162

Total downloads since Sep 21, 2017 : 162
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 膠芽腫に対する新たな治療戦略の開発 : 低線量放射線高感受性に関する基礎的検討  
カナ コウガシュ ニ タイスル アラタナ チリョウ センリャク ノ カイハツ : テイセンリョウ ホウシャセン コウカンジュセイ ニ カンスル キソテキ ケントウ  
ローマ字 Kogashu ni taisuru aratana chiryo senryaku no kaihatsu : teisenryo hoshasen kokanjusei ni kansuru kisoteki kento  
別タイトル
名前 Development of new strategy for glioblastoma focused on low-dose hyper-radiosensitivity  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 深田, 淳一  
カナ フカダ, ジュンイチ  
ローマ字 Fukada, Junichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50338159
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
膠芽腫は最も難治性の中枢神経原発悪性腫瘍である。低線量照射に対する細胞反応は放射線高感受性であることに着目し, 基礎的検討を行った。膠芽腫細胞株に対して低線量照射を行い, 細胞生存率と細胞周期, アポトーシス誘導を測定した。コロニー形成法による検討では, 放射線超感受性を示唆する生存曲線が複数のセルラインで観察された。細胞周期やアポトーシス誘導の変化は検出困難であった。そこで低線量照射を反復して行ったところ, 照射間隔が比較的長い(30分)群で細胞生存率の低下が観察され, 照射後早期(30分)でG1期分画比率の減少とG2/M期分画の増加, アポトーシス分画の比率の増加が観察され, 有効な治療法と考えられた。
Glioblastoma is highly lethal disease. Radiotherapy plays important role but tumor recurrence is occurred in most of cases. We focused low-dose hyper-radiosensitivity phenomena as a new treatment strategy. Cell survival, cell cycle and rate of apoptosis were measured. Survival rate decreased in association with increasing dose on single low dose irradiation suggestive of hyper-radiosensitivity in some cell lines. On the other hand, the observed cell cycle change of G1/G2 ratio was less than 5%. The survival rate lowered when an interval became longer by low dose repeat irradiation (LDRR). The moderate change of the G1/G2 ratio was observed in the examination 30 minutes after irradiation only at 30 minutes interval. A rise of the apoptotic component was observed at 30 minutes interval. The LDRR at 30 minutes interval seems to be a promising approach, although, confirmation by other technique and elucidation of the further mechanism is warranted.
 
目次

 
キーワード
膠芽腫  

放射線照射  

低線量照射  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26461897
研究分野 : 放射線腫瘍学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:04  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (320) 1st
2位 新自由主義に抗す... (266)
3位 DAOの法的地位と... (258)
4位 個人・組織両面で... (249)
5位 「余白的コミュニ... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3654) 1st
2位 なぜ神が存在する... (645)
3位 気象変化による片... (590)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 インフルエンサー... (329)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース