慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25750386seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25750386seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :131.4 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 343

Total downloads since Apr 11, 2016 : 343
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 海洋シアノバクテリア由来新規マクロリド化合物の機能と応用  
カナ カイヨウ シアノバクテリア ユライ シンキ マクロリド カゴウブツ ノ キノウ ト オウヨウ  
ローマ字 Kaiyo shianobakuteria yurai shinki makurorido kagobutsu no kino to oyo  
別タイトル
名前 The functional analyses of new macrolides isolated from marine cyanobacteria  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大野, 修  
カナ オオノ, オサム  
ローマ字 Ono, Osamu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20436992

名前 末永, 聖武  
カナ スエナガ, キヨタケ  
ローマ字 Suenaga, Kiyotake  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 :
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
海洋シアノバクテリアLyngbya sp.からビセリングビアサイドの新規類縁体であるビセリングビオライドB, CとビセリングビアサイドE, Fを単離し構造を決定した。特に強力な細胞増殖阻害活性を示したビセリングビオライドB, Cについて詳細な解析を試み, それらの小胞体ストレス誘導剤としての特性を明らかにした。また, ビセリングビアサイド類と同じく海洋シアノバクテリアLyngbya sp.より単離した新規ペプチド, クラハインについても小胞体ストレス誘導活性を見出した。クラハインの蛍光基及びビオチン導入プローブを用いた解析から, 小胞体への局在と小胞体Ca2+ポンプが標的分子であることを示す結果が得られた。
New biselyngbyaside analogs, biselyngbyolides B and C and biselyngbyasides E and F, were isolated from the marine cyanobacterium Lyngbya sp. Their structures were determined by spectroscopic analyses. These compounds inhibited the growth of human cancer cells, and biselyngbyolides B and C showed stronger activity than other analogs. Based on the detailed analyses of their biological activities, biselyngbyolides B and C were revealed to show potent endoplasmic reticulum (ER) stress-inducing activity. A new lipopeptide, kurahyne, was isolated from a cyanobacterial assemblage of Lyngbya sp. Kurahyne also exhibited ER stress-inducing activity. By the analyses using fluorescent and biotin conjugates of kurahyne, it was likely that kurahyne localized in ER and bound to ER Ca2+ pump.
 
目次

 
キーワード
biselyngbyaside  

biselyngbyolide  

kurahyne  

シアノバクテリア  

アポトーシス  

小胞体ストレス  

カルシウム  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25750386
研究分野 : 生物分子科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:45:51  
作成日
Apr 11, 2016 09:45:51  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース