慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25600118seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25600118seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :404.8 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 240

Total downloads since Jul 29, 2019 : 240
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 結晶成長を利用した微小光共振器の作製に関する研究  
カナ ケッショウ セイチョウ オ リヨウシタ ビショウ ヒカリ キョウシンキ ノ サクセイ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Kessho seicho o riyoshita bisho hikari kyoshinki no sakusei ni kansuru kenkyu  
別タイトル
名前 Fabrication of microcavities using crystal growth  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田邉, 孝純  
カナ タナベ, タカスミ  
ローマ字 Tanabe, Takasumi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40393805
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
レーザ溶融ペデスタル法を用いてQ値16,000の微小光共振器の作製に成功した。Q値の制限要素が多角形化している共振器の断面形状にあることを突き止め, それを制御するためにプリヒーティング法と斜め成長を試みた。前者は種結晶をプリヒートすることで結晶性を低下させ, 後者は結晶の方位を選択して成長することで多角形形状化を防ぐ手法である。いずれの手法でも円形に近い断面形状の作製が可能となり, 手法の有効性が確認された。また, CaF2結晶共振器の非線形光学の研究を進め, 熱光学効果と熱膨張の相互作用によって, サイズが小さな場合, 光を入射するだけで機械的な振動を始め透過光も時間的に変調を受けることを明らかにした。
We demonstrated a Q of 16,000 with a small whispering gallery mode cavity fabricated with laser heated pedestal method. We found that the Q is limited when the cross-section of the microcavity is polygonal, and developed pre-heating and tilted crystal growth technique to overcome this problem. Pre-heating is performed in order to polycrystalline the seed crystal before starting the growth and allow the cavity to have circular shape. Tilted growth is also attractive because it may allow us to have circular cavity where the crystal structure is maintained. We also studied the optical nonlinearities in crystalline microcavity by using CaF2, and found that a thermo-mechanical oscillation occurs due to the interplay between the negative thermos optic effect and thermal expansion of the material. We found that the transmittance oscillates and this phenomena is pronounced for a smaller cavity.
 
目次

 
キーワード
微小光共振器  

光量子エレクトロニクス  

結晶成長  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2013~2014
課題番号 : 25600118
研究分野 : 光エレクトロニクス
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 10:48:34  
作成日
Apr 11, 2016 09:42:49  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 29, 2019    著者,抄録 内容,資源タイプ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース