慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25462652seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25462652seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :92.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 527

Total downloads since Jan 6, 2017 : 527
 
タイトル
タイトル 感音難聴における時間分解能の測定機器の開発と、時間分解能エンハンス補聴器の開発  
カナ カンオン ナンチョウ ニ オケル ジカン ブンカイノウ ノ ソクテイ キキ ノ カイハツ ト, ジカン ブンカイノウ エンハンス ホチョウキ ノ カイハツ  
ローマ字 Kanon nancho ni okeru jikan bunkaino no sokutei kiki no kaihatsu to, jikan bunkaino enhansu hochoki no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of the measuring equipment of the temporal resolution in the sensorineural hearing loss  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡本, 康秀  
カナ オカモト, ヤスヒデ  
ローマ字 Okamoto, Yasuhide  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10317224

名前 入野, 俊夫  
カナ イリノ, トシオ  
ローマ字 Irino, Toshio  
所属 和歌山大学・システム工学分・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20346331

名前 神崎, 晶  
カナ カンザキ, ショウ  
ローマ字 Kanzaki, Sho  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50286556

名前 貫野, 彩子  
カナ カンノ, アヤコ  
ローマ字 Kanno, Ayako  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20445331
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
難聴者における言葉の聞き取りの悪化として, 周波数選択性と時間分解能が関与している。これまで周波数選択性の測定機器を作成したが, 今回時間分解能を測定する機器の開発を行った。実際の難聴者でその実用性も確認された。時間分解能エンハンス処理を持った音声強調処理を開発したが, リアルタイムでの補聴器実装はまだ難関がある。
For exacerbation of the hearing of the words in the deaf person, frequency selectivity and temporal resolution are involved. We made measuring equipment of the frequency selectivity in previous study, and in this time we developed the instrument which measured temporal resolution. Actually, it was confirmed in a deaf person that the instrument which we developed was effective. We developed sound emphasis treatment with the temporal resolution enhancing treatment, but we still have a barrier for the hearing aid implementation by the real time.
 
目次

 
キーワード
時間分解能  

周波数選択性  

老人性難聴  

補聴器  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25462652
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:54  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース