慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24659467seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24659467seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :95.8 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 879

Total downloads since Dec 11, 2014 : 879
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 骨髄異形成症候群(5q-症候群)発症におけるATOX1遺伝子の役割  
カナ コツズイ イケイセイ ショウコウグン (5q-ショウコウグン) ハッショウ ニ オケル ATOX1 イデンシ ノ ヤクワリ  
ローマ字 Kotsuzui ikeisei shokogun (5q-shokogun) hassho ni okeru ATOX1 idenshi no yakuwari  
別タイトル
名前 A role for ATOX1 in 5q- syndrome  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中島, 秀明  
カナ ナカジマ, ヒデアキ  
ローマ字 Nakajima, Hideaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30217723

名前 岡本, 真一郎  
カナ オカモト, シンイチロウ  
ローマ字 Okamoto, Shinichiro  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50160718
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
5q-症候群は染色体5q33領域の欠失を特徴とする骨髄異形成症候群(MDS)の亜型であるが、その責任遺伝子の詳細は不明である。本研究は5q33領域に存在するATOX1という銅シャペロン遺伝子に注目し、HSCの恒常性維持や5q-症候群発症における役割を明らかにする目的で行った。
ATOX1ノックアウトマウスの造血幹細胞 (HSC)・各種造血前駆細胞分画を解析すると、骨髄中の各細胞の頻度は野生型マウスと変わらず、またHSCの長期骨髄再建能・自己複製能にも異常がないことが判明した。以上から、ATOX1はHSC機能や血球分化に必須ではなく、5q-症候群への関与も限定的であることが示唆された。
5q- syndrome is a subtype of myelodysplastic syndrome characterized by a deletion of chromosome 5q33. To elucidate molecular pathogenesis of 5q- syndrome, we focused on ATOX1, a cupper chaperone located in the common deleted region of 5q33.  Frequencies of hematopoietic stem cells (HSCs), multipotent hematopoietic progenitors, and lineage-committed progenitors in the bone marrow were normal in ATOX1-/- mice, and ATOX1-/- HSCs maintained normal self-renewal and long-term repopulating capacities. These results suggest that ATOX1 is not essential for HSC function and hematopoietic differentiation, and that ATOX1 has little, if any, roles in 5q- syndrome.
 
目次

 
キーワード
5q-症候群  

骨髄異形成症候群  

ATOX1  

造血幹細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24659467
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・血液内科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:12  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:12  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース