慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24659375seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24659375seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :177.3 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 612

Total downloads since Dec 11, 2014 : 612
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸炎惹起性記憶T細胞reprogramming細胞療法への挑戦  
カナ チョウエン ジャッキセイ キオク T サイボウ reprogramming サイボウ リョウホウ エノ チョウセン  
ローマ字 Choen jakkisei kioku T saibo reprogramming saibo ryoho eno chosen  
別タイトル
名前 Challenge to the cell therapy by reprogramming colitogenic memory T cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 金井, 隆典  
カナ カナイ, タカノリ  
ローマ字 Kanai, Takanori  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40245478

名前 三上, 洋平  
カナ ミカミ, ヨウヘイ  
ローマ字 Mikami, Yohei  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80528662
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
炎症性腸疾患(IBD)が再燃するのは、腸炎惹起性メモリー細胞が残存していることが原因であることを報告してきた。本研究は、このメモリー細胞を制御することで、再燃を抑制する治療法の開発につなげることを目的とした。本研究の結果は以下の通りである。1. Th17はLympoid tissue inducer-like cellによって誘導された。2. Classical Th1は、alternative Th1の存在下で腸炎惹起性を獲得した。3. 整腸剤であるClostridium butyricumが、抑制性マクロファージを誘導した。IBDの慢性化には、様々な細胞集団が関与していた。
We reported that the persistence of colitogenic memory cells are responsible for recurrence of inflammatory bowel disease (IBD). This study aimed to investigate the regulation of the colitigenic memory cells, leading to the development of new therapy for suppression of IBD recurrence. The results of the study is as below: 1. Th17 cells were induced under the influence of Lymphoid tissue inducer-like cell, 2. Classical Th1 cells obtained colitogenesity in the presence of alternative Th1 cells, 3. Clostridium butyricum, which is used as probiotics, induced anti-inflammatory macrophages. These results suggest the involvement of various cell types in the development of chronic inflammation of IBD.
 
目次

 
キーワード
炎症性腸疾患  

Th17細胞  

Th1細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24659375
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 内科系臨床医学・消化器内科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:11  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (320) 1st
2位 新自由主義に抗す... (266)
3位 DAOの法的地位と... (258)
4位 個人・組織両面で... (249)
5位 「余白的コミュニ... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3654) 1st
2位 なぜ神が存在する... (645)
3位 気象変化による片... (590)
4位 サイバーセキュリ... (493)
5位 インフルエンサー... (329)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース