慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24659245seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24659245seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :249.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 745

Total downloads since Dec 11, 2014 : 745
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 高齢者の活動余命生活を支援する会話型知的ヘルスケア情報システム  
カナ コウレイシャ ノ カツドウ ヨメイ セイカツ オ シエンスル カイワガタ チテキ ヘルス ケア ジョウホウ システム  
ローマ字 Koreisha no katsudo yomei seikatsu o shiensuru kaiwagata chiteki herusu kea joho shisutemu  
別タイトル
名前 Intellectual health-care-information system for supporting elderly people's activity life  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中島, 恵美  
カナ ナカシマ, エミ  
ローマ字 Nakashima, Emi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90115254

名前 望月, 眞弓  
カナ モチズキ, マユミ  
ローマ字 Mochizuki, Mayumi  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60292679

名前 萩原, 将文  
カナ ハギワラ, マサフミ  
ローマ字 Hagiwara, Masafumi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80198655
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
医療文化の継承は医療人の使命である。現在の患者に学び、学問大系として後進に伝え、後進が未来の患者を癒すというプロセスが、成熟した社会の実現と維持につながる。高齢者の貴重な情報を生かす方法を検討することは重要である。また、高齢者にとって活動余命を伸ばす事が特に大切である。高齢者の「自立した生存(活動余命)生活」支援として、"やりがい"などの能動的心理を引き出す人工的会話機能を持った情報蓄積型ヘルスケアシステムを開発することを目的とした。そのため、メンタルケアや健康診断、服薬支援などを行う専門家による会話型知的ヘルスケア情報システムを構築した。また、薬理効果に及ぼす心理効果の要因を解析した。
Continued evolution of medical culture is one of the missions of a pharmacist. Pharmacists must learn from the present patient population in order to create a better culture able to serve future patient needs. In doing so, this will lead to a system that allows for more precisely curing future patients, as well as the realization of an improved society. It is important to examine how to effectively put to use the elderly population's specious fund of knowledge. This present study aimed to develop an information accumulation type health care system, which made use of an artificial conversational function. This system induces an "active" psychology, creating "fulfillment" and a more "active life expectancy" amongst the elderly. The System, with an interactive mode, was constructed in order to meet a spectrum of unique elderly needs: mental care, medical examination, and medication support. Moreover, placebo effect factors influencing pharmacological response were also analyzed.
 
目次

 
キーワード
介護・福祉  

高齢者  

ヘルスケア  

カウンセリング  

コミュニケーション  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2012~2013
課題番号 : 24659245
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 境界医学・医療社会学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:40:11  
作成日
Dec 11, 2014 11:40:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (854) 1st
2位 新自由主義に抗す... (708)
3位 グラウンデッド・... (507)
4位 ドイツのSNS対策... (501)
5位 なぜ日本ユニテリ... (480)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2162) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1572)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース