慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24590208seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24590208seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :84.8 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 476

Total downloads since Apr 11, 2016 : 476
 
タイトル
タイトル プロテオミクスにより見出した新規抗がん剤反応性予測タンパク質のバイオマーカー開発  
カナ プロテオミクス ニ ヨリ ミイダシタ シンキ コウガンザイ ハンノウセイ ヨソク タンパクシツ ノ バイオマーカー カイハツ  
ローマ字 Puroteomikusu ni yori miidashita shinki koganzai hannosei yosoku tanpakushitsu no baiomaka kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of new candidate, newly found out by proteomic approach, as a predictive biomarker for chemotherapy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 小夜  
カナ スズキ, サヨ  
ローマ字 Suzuki, Sayo  
所属 慶應義塾大学・薬学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90424134

名前 谷川原, 祐介  
カナ タニガワラ, ユウスケ  
ローマ字 Tanigawara, Yusuke  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30179832
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
抗がん剤治療の個別化には個々の患者の薬剤反応性を治療開始前に見極めるバイオマーカーの確立が必須である。本研究では, 研究代表者が大腸がんにおけるオキサリプラチン感受性予測候補タンパク質として見出した細胞内タンパク質S100A10の機能解析と臨床応用に向けた基礎的検討を行った。その結果, ヒト大腸がん細胞株においてS100A10発現上昇はオキサリプラチン感受性を低下させ, 大腸がん臨床組織検体においてはS100A10発現陰性の場合に比べてS100A10発現陽性である場合に腫瘍縮小効果が低い傾向が認められたことから, S100A10がオキサリプラチン感受性予測タンパク質となる可能性が示された。
Predictive markers for chemotherapeutic response are urgently needed to improve the outcome of cancer treatment. Recently, our proteomics studies have demonstrated that intracellular S100A10 protein expression levels are significantly correlated with the sensitivity of CRC cells to L-OHP, but not 5-FU, providing a new candidate predictive marker for the response to L-OHP. In this study, we have demonstrated that alterations in S100A10 expression is involved in mediating chemosensitivity to L-OHP, by using forced expression of S100A10 in CRC cells, and pilot studies of immunohistochemistry of CRC tissue microarray for S100A10 have suggested that high expression of S100A10 is possibly associated with resistance to L-OHP. These results provide findings for S100A10 as a predictive marker of the response to chemotherapy including L-OHP.
 
目次

 
キーワード
個別化医療  

抗がん剤  

薬剤反応性  

バイオマーカー  

オキサリプラチン  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24590208
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:52  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース