慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23592413seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23592413seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :208.9 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 1558

Total downloads since Dec 11, 2014 : 1558
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 子宮腔内液性因子に注目した着床不全の病態解明と治療法の開発  
カナ シキュウ クウナイ エキセイ インシ ニ チュウモク シタ チャクショウ フゼン ノ ビョウタイ カイメイ ト チリョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Shikyu kunai ekisei inshi ni chumoku shita chakusho fuzen no byotai kaimei to chiryoho no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of treatment and pathogenesis of implantation failure with a focus on the uterine cavity humoral factor  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井上, 治  
カナ イノウエ, オサム  
ローマ字 Inoue, Osamu  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10464976

名前 浜谷, 敏生  
カナ ハマタニ, トシオ  
ローマ字 Hamatani Toshio  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60265882

名前 宮戸, 健二  
カナ ミヤド, ケンジ  
ローマ字 Miyado, Kenji  
所属 独立行政法人国立成育医療研究センター・生殖・細胞医療研究部・室長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60324844
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、子宮腔内のCD9に注目し、CD9の子宮内膜における役割を明らかにすることを目的とした。卵におけるCD9発現のみをレスキューしたトランスジェニックマウス(CD9-/-TG)では、分娩後の子宮内膜は上皮で覆われておらず、広範な癒着が認めた。子宮内腔液の液性因子を測定したところ、野生型マウスと比較しCD9-/-TGではVEGFが減少しており、CD9欠損はVEGF産生に障害を及ぼす可能性が考えられた。そこでCD9-/-TGの子宮腔にVEGFを投与すると、子宮内膜の再上皮化が観察され、CD9は子宮内膜上皮細胞からのVEGFの分泌に寄与し、子宮内膜修復過程に重要な役割を働いていると考えられた。
CD9 is a 24-kD membrane protein, which is localized on endosomes and exosomes as well as cell membranes. Cd9-deficient mouse eggs are unable to fuse with sperm. In this study, we intended that we focused on CD9 of the uterine cavity, and to clarify the role of CD9 in the endometrium. In transgenic mice that were rescued only CD9 expression in the zona pellucida (CD9-/-TG), endometrium of postpartum were not covered with the epithelium, were found extensive adhesions. After measurement of the humoral factors of the uterus cavity fluid, VEGF was decreased in CD9-/-TG compared with wild-type mice, so it was thought that loss of CD9 might interfere with VEGF production. When VEGF was injected in the uterine cavity of CD9 knockout mice, the endometrium was re-epithelialization. CD9 contributed to secretion of VEGF from endometrial epithelial cells, and these results provided the first evidence that CD9-mediated VEGF secretion plays a role in re-epithelialization of the uterus.
 
目次

 
キーワード
CD9  

子宮内腔  

子宮内膜  

液性因子  

MMP  

不妊症  

着床不全  

炎症  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23592413
研究分野 : 医歯薬学
科研費の分科・細目 : 外科系臨床医学・産婦人科学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:20  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:20  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ミュージアムの思... (347) 1st
2位 ヴェルヌとルーセ... (299)
3位 アイドル文化にお... (281)
4位 英語の前置詞onと... (275)
5位 新自由主義に抗す... (270)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 軍事組織における... (893) 1st
2位 アルコール発酵の... (753)
3位 アセトアニリドの... (727)
4位 楽天とアマゾンの... (595)
5位 大義ある未来 : ... (506)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース