慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K22818seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K22818seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :313.7 KB
Last updated :Nov 14, 2022
Downloads : 379

Total downloads since Nov 14, 2022 : 379
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル NAD+およびエピゲノムの制御による老化メカニズムの解明と新たな抗加齢介入の開発  
カナ NAD+ オヨビ エピゲノム ノ セイギョ ニ ヨル ロウカ メカニズム ノ カイメイ ト アラタナ コウカレイ カイニュウ ノ カイハツ  
ローマ字 NAD+ oyobi epigenomu no seigyo ni yoru rōka mekanizumu no kaimei to aratana kōkarei kainyū no kaihatsu  
別タイトル
名前 Elucidation of aging mechanisms by regulation of NAD+ and epigenome and development of new anti-aging interventions  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 齋藤, 義正  
カナ サイトウ, ヨシマサ  
ローマ字 Saitō, Yoshimasa  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90360114

名前 金井, 弥栄  
カナ カナイ, ヤエ  
ローマ字 Kanai, Yae  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00260315
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
老化の分子メカニズムを解明するため、老化マウスの腸管上皮からオルガノイド(組織構造体)を樹立し、遺伝子発現変化やエピゲノム変化を解析した。
老化マウス由来のオルガノイドにおいては、増殖能や組織構築能力が低下していた。また、エピゲノム変化により、幹細胞マーカーであるLgr5やWntシグナル経路の遺伝子発現が老化マウス由来オルガノイドで低下していた。さらに、NAD+前駆体であるニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の投与により、老齢マウス由来腸管上皮オルガノイドが若齢由来のような形態に変化し、幹細胞関連遺伝子の発現も回復した。NMNがNAD+活性を上昇させ、抗加齢効果を示していると考えられた。
To elucidate the molecular mechanism of aging, we established organoids from the intestinal epithelium of aging mice and analyzed gene expression changes and epigenomic changes.
The organoids from aged mice showed reduced proliferative capacity and tissue building ability. In addition, epigenomic changes led to decreased gene expression of stem cell markers such as Lgr5 and Wnt signaling pathway in organoids from aged mice. In addition, administration of nicotinamide mononucleotide (NMN), an NAD+ precursor, changed the morphology of intestinal epithelial organoids from aged mice to that of young mice and restored the expression of stem cell-related genes, suggesting that NMN increases NAD+ activity and has an anti-aging effect.
 
目次

 
キーワード
老化  

NAD+  

エピゲノム  

オルガノイド  

抗加齢  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K22818
研究分野 : 抗加齢医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 14, 2022 13:25:27  
作成日
May 17, 2022 13:23:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
Nov 14, 2022    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (410) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (404)
3位 新自由主義に抗す... (336)
4位 ガールクラッシュ... (294)
5位 石垣島の「エコツ... (246)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (741) 1st
2位 酢酸エステル類の... (665)
3位 インフルエンサー... (575)
4位 アルコール発酵の... (458)
5位 診療上の医師の注... (451)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース