慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_19K16619seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_19K16619seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :273.1 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 94

Total downloads since May 17, 2022 : 94
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 筋サテライト細胞におけるエピゲノム記憶と老化誘導  
カナ キン サテライト サイボウ ニ オケル エピゲノム キオク ト ロウカ ユウドウ  
ローマ字 Kin sateraito saibō ni okeru epigenomu kioku to rōka yūdō  
別タイトル
名前 Regulation of aging by epigenetic memory in satellite stem cell  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 早野, 元詞  
カナ ハヤノ, モトシ  
ローマ字 Hayano, Motoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30593644
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ICEマウスにおいてDNA損傷依存的老化誘導によって、Pax7陽性細胞が減少していることが明らかになった。また、筋肉組織としてのRNA-seqによる遺伝子解析からPax7の遺伝子発現量が低下し、Myh9やMyl4などの筋萎縮に関連する遺伝子発現がICE マウスにおいて変化していることが明らかになった。さらに、遺伝子発現だけでなくTtn、Tnnt3、Nebなど筋形成に重要な遺伝子のmRNAスプライシングが老化 に伴って減少するだけでなく、ICEマウスの筋肉でスプライシング異常が生じていることが確認された。このことは、DNA損傷が多様な幹細胞制御に老化において 関わっていることを示している。
We found that the number of Pax7-positive cells was reduced by DNA damage-dependent induction in ICE mice. Gene expression analysis of muscle tissue by using RNA-seq revealed that the gene expression of pax7 was decreased and that the expression of genes related to muscle atrophy, such as Myh9 and Myl4, was altered in ICE mice. Furthermore, not only gene expression but also mRNA splicing of genes important for myogenesis, such as Ttn, Tnnt3, and Neb, decreased with aging, and abnormal splicing was observed in the muscles of ICE mice. This indicates that DNA damage is involved in diverse stem cell regulation in aging.
 
目次

 
キーワード
筋肉  

サルコペニア  

DNA損傷  

ICEマウス  

Pax7  

Myh9  

Ttn  

スプライシング異常  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究
研究期間 : 2019~2020
課題番号 : 19K16619
研究分野 : 老化
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:23:34  
作成日
May 17, 2022 13:23:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース