慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_18H02606seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_18H02606seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :247.7 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 212

Total downloads since May 17, 2022 : 212
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 脳リンパ流の生理とその破綻による高次脳機能低下メカニズムの解明  
カナ ノウ リンパリュウ ノ セイリ ト ソノ ハタン ニ ヨル コウジ ノウ キノウ テイカ メカニズム ノ カイメイ  
ローマ字 Nō rinparyū no seiri to sono hatan ni yoru kōji nō kinō teika mekanizumu no kaimei  
別タイトル
名前 Physiology relevance of cerebral lymphatic flow and the mechanism of higher brain dysfunction due to its breakdown  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安井, 正人  
カナ ヤスイ, マサト  
ローマ字 Yasui, Masato  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90246637
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
脳にはリンパ流が存在しないと考えられていたが、最近、グリア細胞、特にアクアポリン4(AQP4)がその役割を担っている可能性が示された。そこで、我々が独自に開発した非線形光学顕微鏡を用いて、水分子そのものをライブで観測することで、脳組織の水動態を可視化することに成功した。
一方、脳のリンパ排泄の異常は、アミロイドβ(Aβ)の異常蓄積にも繋がり、アルツハイマー病との関与も疑われる。アルツハイマー病マウスモデルとAQP4欠損マウスを掛け合わす事で、マウスが早期に著明な異常行動を示すことを発見した。これらの成果はアルツハイマー病に対する新たな早期診断・治療法の開発に繋がることが期待される。
Lymphatic flow was thought to be absent in the brain, but it has recently been shown that glial cells, especially aquaporin 4 (AQP4), may play a role. Here we succeeded in visualizing the water dynamics of brain tissue by observing the water molecules themselves using a nonlinear optical microscope that we originally developed.
Abnormal lymphatic excretion in the brain leads to abnormal accumulation of amyloid β (Aβ), and its involvement with Alzheimer's disease is suspected. By crossing an Alzheimer's disease mouse model with an AQP4-deficient mouse, we found that the mice showed marked abnormal behavior at an early stage. These results are expected to lead to the development of new early diagnosis and treatment methods for Alzheimer's disease.
 
目次

 
キーワード
アクアポリン  

脳リンパ排泄  

非線形光学  

アルツハイマー病  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2018~2020
課題番号 : 18H02606
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:34  
作成日
May 17, 2022 13:20:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース