慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17KT0150seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17KT0150seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :82.1 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 69

Total downloads since May 17, 2022 : 69
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 農業における新たな担い手としての障害者就労に向けた作業支援評価の開発  
カナ ノウギョウ ニ オケル アラタナ ニナイテ トシテノ ショウガイシャ シュウロウ ニ ムケタ サギョウ シエン ヒョウカ ノ カイハツ  
ローマ字 Nōgyō ni okeru aratana ninaite toshiteno shōgaisha shūrō ni muketa sagyō shien hyōka no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of a work support evaluation for the employment of people with disabilities as productive workers in agriculture  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 塩田, 琴美  
カナ シオタ, コトミ  
ローマ字 Shiota, Kotomi  
所属 慶應義塾大学・総合政策学部 (藤沢) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50453486
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
企業における障害者就労の抱える課題として、通常の作業フローから障害者が作業可能な業務を切り出し、マッチングする難しさを抱えていることが多い。しかし、本研究の結果から、障害者就労に農業を取り入れるメリットとして、農作業は年間を通じた業務があり、定型的でルーティン化をしやすいこと、作業の切り分けを行いやすいことが分かった。
そのため、農業においては様々な障害の特性に合わせた形で、仕事のマッチングが可能となり、障害者が得意とするプラスの面を生かす環境作りができると考えられる。障害者就労においては短期離職も課題となる中、農業は個人に見合う仕事に従事できるため、継続的な就労にも繋がると期待できる。
One of the challenges facing the employment of people with disabilities in companies is the difficulty of separating out tasks from the work flow and matching them to people with disabilities. However, one of the advantages of entering the agricultural industry is that much agricultural work is routine and can be done easily, and agricultural work occurs all year round, making it easy to separate out tasks. Therefore, in agriculture, it is possible to assign jobs to people with various disabilities in a way that matches the characteristics of their disabilities, even if it is considered difficult to match them with jobs. By understanding the characteristics of people with disabilities and creating an environment where they can make use of their positive strengths instead of focusing on their negative aspects, we can expect them to become members of the community in agriculture over the long term.
 
目次

 
キーワード
農業  

障害者就労  

医農福連携  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (特設分野研究)
研究期間 : 2017~2020
課題番号 : 17KT0150
研究分野 : リハビリテーション科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:32  
作成日
May 17, 2022 13:20:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース