慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K18886seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K18886seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :243.2 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 98

Total downloads since Mar 5, 2021 : 98
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 半導体ナノ構造表面における気相光触媒反応場の追跡と人工光合成への応用  
カナ ハンドウタイ ナノコウゾウ ヒョウメン ニ オケル キソウ ヒカリ ショクバイ ハンノウバ ノ ツイセキ ト ジンコウ コウゴウセイ エノ オウヨウ  
ローマ字 Handōtai nanokōzō hyōmen ni okeru kisō hikari shokubai hannōba no tsuiseki to jinkō kōgōsei eno ōyō  
別タイトル
名前 Investigation of gas phase photocatalysis on nanostructured semiconductor surfaces and its application toward artificial photosynthesis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 野田, 啓  
カナ ノダ, ケイ  
ローマ字 Noda, Kei  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30372569
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
半導体ナノ構造表面における気相光触媒反応場の追跡、及び人工光合成(水素生成やCO2光還元)応用に関する研究を実施した。
まず、陽極酸化で作製した酸化鉄ナノチューブアレイ (FNA) 表面に、パルス電着によって酸化銅ナノ粒子 (CNP) を堆積させた試料において、気相メタノールと気相水の混合物を用いて、可視光照射による光触媒水素生成を観測した。その反応過程において、Z-スキーム機構が寄与することを示した。また、陽極酸化で作製した酸化チタンナノチューブアレイ表面にCNPを堆積した試料において、高真空下での光触媒反応場を追跡し、酸化銅ナノ粒子が貴金属フリーの助触媒として機能することを示した。
Gas phase photocatalysis over nanostructured semiconductor surfaces and its application toward artificial photosynthesis such as hydrogen production and CO2 photoreduction were investigated.
Firstly, Composites of anodized hematite (α-Fe2O3) nanotube (FNT) arrays and Cu2O nanoparticles (CNPs) were fabricated using all-electrochemical processes. Hydrogen production from gas phase photocatalytic decomposition of water/methanol mixture over the composite of FNT and CNP was clearly confirmed under visible light irradiation, suggesting that H2 production observed for FNT/CNP can be attributed to Z-scheme mechanism.
In addition, gas-phase photocatalysis over composites of anodized TiO2 oxide nanotube arrays and CNPs was examined in high vacuum. The observation results indicate that electrodeposited CNPs can work as noble-metal-free co-catalyst for gas phase photocatalysis based on nanostructured oxide semiconductors.
 
目次

 
キーワード
半導体ナノ構造  

光触媒  

人工光合成  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的研究 (萌芽)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K18886
研究分野 : 電子・電気材料工学、薄膜・固体物性
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:26:34  
作成日
Mar 05, 2021 13:26:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース