慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K16095seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K16095seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :380.6 KB
Last updated :Aug 23, 2023
Downloads : 145

Total downloads since Aug 23, 2023 : 145
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 尿細管MR機能との比較を通じた腸管MRの血圧代謝関連病態における新たな意義の解明  
カナ ニョウ サイカン MR キノウ トノ ヒカク オ ツウジタ チョウカン MR ノ ケツアツ タイシャ カンレン ビョウタイ ニ オケル アラタナ イギ ノ カイメイ  
ローマ字 Nyō saikan MR kinō tono hikaku o tsūjita chōkan MR no ketsuatsu taisha kanren byōtai ni okeru aratana igi no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of novel intestinal MR function in hypertension and metabolism associated disorder  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中村, 俊文  
カナ ナカムラ, トシフミ  
ローマ字 Nakamura, Toshifumi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10594583
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
腸管上皮特異的なミネラルコルチコイド受容体 (MR) 欠損マウス (腸MR-KO) では便中Na排泄の増加と尿中Na排泄の抑制が見られた。対照的に尿細管特異的なMR欠損マウスでは尿中Na排泄が増加する一方で便中Na排泄が抑制されており、腸MR・腎MRのそれぞれが生体のNa恒常性に深く関与し、相補的に機能していることが示された。また、Controlマウスへの高脂肪食負荷では通常食に比較し体重・血圧・尿中アルブミン・MR標的遺伝子発現の増加が見られ、腸MR-KOではその増加が抑制される傾向にあった。本研究から、腸MRがNa恒常性のみならず代謝機能や臓器障害にまで広く関与する可能性が示唆された。
Intestinal epithelial cells-specific mineralocorticoid receptor knockout (IEC-MR KO) mice showed significantly increased fecal Na excretion and accompanied reduced urinary Na excretion. In contrast, increased urinary Na excretion in renal tubular cells-specific MR knockout mice was compensated by suppression of fecal Na excretion. These results show that both intestinal MR and renal MR play essential roles in Na homeostasis and have mutual complementary relationship. In addition, compared to normal diet, high fat diet elevated blood pressure and increased body weight, urinary albumin and the expression of MR target genes in control mice. These changes tended to be attenuated in IEC-MR KO mice. This study suggests that intestinal MR is not only associated with Na homeostasis but also has a potential to affect the metabolic function and organ disorders.
 
目次

 
キーワード
ミネラルコルチコイド受容体 (MR)  

高血圧  

食塩感受性  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K16095
研究分野 : 腎臓学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 23, 2023 15:18:26  
作成日
Oct 31, 2019 11:10:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Aug 23, 2023    著者,抄録 内容,注記 注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 文化資本概念の現... (598) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (466)
3位 新自由主義に抗す... (366)
4位 石垣島の「エコツ... (270)
5位 ガールクラッシュ... (254)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (775) 1st
2位 酢酸エステル類の... (526)
3位 アルコール発酵の... (510)
4位 インフルエンサー... (473)
5位 アーカイヴと思考... (400)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース