慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K15562seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K15562seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :257.7 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 140

Total downloads since Oct 31, 2019 : 140
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 神経伝達の新しい制御機構:活動依存的な細胞外イオン濃度の変化による制御機構の解明  
カナ シンケイ デンタツ ノ アタラシイ セイギョ キコウ : カツドウ イゾンテキナ サイボウガイ イオン ノウド ノ ヘンカ ニ ヨル セイギョ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Shinkei dentatsu no atarashii seigyo kikō : katsudō izontekina saibōgai ion nōdo no henka ni yoru seigyo kikō no kaimei  
別タイトル
名前 The effect of extracellular Calcium dynamics on synaptic transmission  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 荒井, 格  
カナ アライ, イタル  
ローマ字 Arai, Itaru  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00754631
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
小脳平行線維シナプスに発現するδ2型グルタミン酸受容体 (GluD2) はDセリンと結合することで同シナプス伝達を長期にわたって抑制する機能を持つ (DセリンLTD) が、Dセリン結合領域にCa2+ 結合部位を持つ。本研究では神経活動依存的なCa2+濃度変化がDセリンLTDに及ぼす影響を検討した。DセリンLTDは、誘発刺激を与える際の細胞外Ca2+濃度に依存して抑制された。一方、Ca2+結合能を阻害した変異型GluD2を持つノックインマウスではDセリンLTDは常に亢進していた。これらの結果から、GluD2の機能は神経活動に依存したCa2+濃度変化による制御を受けていることが示唆された。
Delta2 glutamate receptors (GluD2), which express in cerebellar parallel fiber - Purkinje cell synapses and induce long term depression by binding with D-serine (D-LTD), have Ca2+ binding sites at their ligand binding domain. In this study, I investigated how D-LTD is influenced by the extracellular Ca2+ concentration([Ca]o) dynamics during synaptic activities. When [Ca]o was reduced during the LTD induction, D-LTD was facilitated. On the other hand, D-LTD was inhibited when [Ca]o was elevated during its induction. Moreover, D-LTD was always facilitated when the similar experiments were performed by using knock in mice that have mutant GluD2 whose Ca2+ binding ability was disrupted. These results indicate that D-serine - GluD2 signaling is regulated by the [Ca]o dynamics during synaptic activities.
 
目次

 
キーワード
小脳  

長期可塑性  

δ2型グルタミン酸受容体  

Dセリン  

細胞外Ca濃度  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K15562
研究分野 : 神経生理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:10:56  
作成日
Oct 31, 2019 11:10:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース