慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K10083seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K10083seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :425.1 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 101

Total downloads since Mar 5, 2021 : 101
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 血液からの神経系直接誘導 : エピジェネティック変異患者由来血液を用いた神経病態解析  
カナ ケツエキ カラ ノ シンケイケイ チョクセツ ユウドウ : エピジェネティック ヘンイ カンジャ ユライ ケツエキ オ モチイタ シンケイ ビョウタイ カイセキ  
ローマ字 Ketsueki kara no shinkeikei chokusetsu yūdō : epijenetikku hen'i kanja yurai ketsueki o mochiita shinkei byōtai kaiseki  
別タイトル
名前 Direct differentiation of peripheral blood cells into neurons for the analysis of epigenetic-related diseases  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石川, 充  
カナ イシカワ, ミツル  
ローマ字 Ishikawa, Mitsuru  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10613995
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究から、末梢血単核球からセンダイウイルスを用いて効率よく神経細胞への分化転換をさせる技術を構築した。これまでの報告に比べて、迅速かつ生存効率の高い方法である。本法では既存法と同様にグルタミン酸作動性神経細胞が主要素として産生されてくるものの、GABA作動性や、ドパミン作動性神経細胞も産生されてくることが分かった。このことから、迅速な技術の上に、今後、分化指向性を調整することで選択的な神経サブタイプを作りだすことが可能になると考えられる。また、本培養技術で産生された細胞のキャラクターを知るためのハイコンテンツセルイメージャーや1細胞RNAシーケンスを組み合わせる技術も構築できた。
In this study, we have developed a technique for an efficient conversion of peripheral blood mononuclear cells into neurons using Sendai virus system. It is faster and more survival efficient than previously reported. This method produced glutamatergic neurons as the main population as the previous methods, but it also included GABAergic and dopaminergic neurons. These results suggested that it will be possible in the future to create selective neural subtypes by adjusting or adding another differentiation factors. In addition, we were successfully able to construct efficient platforms using high-content cell-image analyzers and a single-cell RNA sequencing for validating the character of the cells produced by the culture systems like this study.
 
目次

 
キーワード
ダイレクトリプログラミング  

iN  

エピゲノム  

神経疾患  

末梢血細胞  

直接誘導  

iPS細胞  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K10083
研究分野 : 神経生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:39  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース