慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K08424seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K08424seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :309.7 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 24

Total downloads since Mar 5, 2021 : 24
 
タイトル
タイトル がん化学療法治療反応性に対する血中胆汁酸の影響とそのメカニズムに関する研究  
カナ ガン カガク リョウホウ チリョウ ハンノウセイ ニ タイスル ケッチュウ タンジュウサン ノ エイキョウ ト ソノ メカニズム ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Gan kagaku ryōhō chiryō hannōsei ni taisuru ketchū tanjūsan no eikyō to sono mekanizumu ni kansuru kenkyū  
別タイトル
名前 Effect of bile acid with elevated levels in human serum on cancer cell proliferation and sensitivity to anticancer drugs  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鈴木, 小夜  
カナ スズキ, サヨ  
ローマ字 Suzuki, Sayo  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90424134

名前 中村, 智徳  
カナ ナカムラ, トモノリ  
ローマ字 Nakamura, Tomonori  
所属 慶應義塾大学・薬学部 (芝共立) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30251151

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
がんの早期発見方法や標準的治療法の確立、新しい分子標的薬の登場など、診断・治療技術の進歩はがん治療成績の向上をもたらしつつあるが、いまだ十分とは言えない。本研究では、消化器がんに影響を及ぼすことが知られている高濃度胆汁酸のみならず、肝障害やがんによる胆管の閉塞、その他の理由により血液中で上昇する濃度範囲の胆汁酸上昇 (消化管中に流れ込む胆汁酸よりも低濃度) が、がん細胞の種類や胆汁酸に曝露される濃度や環境により、がん細胞の増殖を促進し、抗がん剤の抗腫瘍効果を低下させる可能性を明らかにした。
Recently, many standard-of-care chemotherapy regimens have been established and new approaches to improve the prevention and early detection of cancer have also been developed. However, unfortunately, they leave much to be desired.
In this study, we focused on the cancer treatments of patients with conditions like cholestasis. As a first step of this study, we mainly used several human cancer cells and deoxycholate (DCA) or chenodeoxycholate (CDCA) which are components in bile acids. We showed that DCA and / or CDCA with concentrations corresponding to elevated serum levels in such as cholestasis or biliary obstruction by tumors enhanced cell proliferation and / or decreased sensitivity to anticancer drugs depending on the kinds of cancer cells and conditions of bile acids exposure.
 
目次

 
キーワード
がん  

胆汁酸  

抗がん剤感受性  

細胞増殖  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2017~2019
課題番号 : 17K08424
研究分野 : 医療薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:23:37  
作成日
Mar 05, 2021 13:23:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (1010) 1st
2位 アイドル文化にお... (463)
3位 ジャニーズのアイ... (432)
4位 新自由主義に抗す... (396)
5位 ASMRに基づく身体... (391)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 国内排出権取引市... (4185) 1st
2位 仮想通貨交換業者... (3272)
3位 第2帰納定理の応... (2620)
4位 The Syntactic Bu... (2553)
5位 カール大帝による... (2261)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース