慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K15293seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K15293seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :190.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 699

Total downloads since Oct 31, 2019 : 699
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 腸内細菌叢および腸管免疫系へ影響を及ぼす口腔内細菌の解析  
カナ チョウナイ サイキンソウ オヨビ チョウカン メンエキケイ エ エイキョウ オ オヨボス コウクウナイ サイキン ノ カイセキ  
ローマ字 Chōnai saikinsō oyobi chōkan men'ekikei e eikyō o oyobosu kōkūnai saikin no kaiseki  
別タイトル
名前 Oral derived bacteria influence intestinal immune system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新, 幸二  
カナ アタラシ, コウジ  
ローマ字 Atarashi, Kōji  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60546787
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
口腔内に存在する細菌が炎症性腸疾患患者の腸内に多く検出されることから、口腔細菌が腸内に定着し炎症を誘導している可能性が示唆されている。そこで本研究では無菌マウスに炎症性腸疾患患者から採取した唾液を投与し、そのマウスの腸内に定着し腸管免疫細胞を活性化する口腔細菌を探索した。その結果、唾液中に存在するクレブシエラ菌が腸内に定着し、大腸TH1細胞の活性化を引き起こすことを見出した。さらにこのクレブシエラ菌は、通常の腸内細菌が存在しているSPFマウスでは腸内への定着が見られず、抗生物質によって腸内細菌叢が乱れた場合にのみ定着すること、またIL-10欠損マウスの腸管炎症を悪化させることが明らかになった。
Intestinal colonization by bacteria of oral origin has been correlated with several gastrointestinal diseases, including inflammatory bowel diseases (IBD). However, a causal role of oral bacteria ectopically colonizing the intestine remains unclear. I inoculated saliva samples from IBD patients into germ-free (GF) mice by oral gavage. I have clarified that strains of Klebsiella spp. isolated from the salivary microbiota are strong inducers of T helper 1 (TH1) cells when they colonize the gut. Although these Klebsiella strains could not colonize the gut of SPF mice with normal microbiota, they preferentially colonize those of SPF mice with dysbiotic microbiota, such as antibiotics treatment. These Klebsiella strains elicit a severe gut inflammation in the context of a genetically susceptible host, such as Il10 deficient mice.
 
目次

 
キーワード
腸内細菌  

Th1細胞  

クレブシエラ菌  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K15293
研究分野 : 粘膜免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (410)
3位 731部隊と細菌戦 ... (238)
4位 斎藤隆夫の「粛軍... (233)
5位 認知文法から考え... (190)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (446) 1st
2位 新参ファンと古参... (431)
3位 日本における美容... (326)
4位 新自由主義に抗す... (299)
5位 インフルエンサー... (257)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース