慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K12970seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K12970seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :193.4 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 403

Total downloads since Nov 12, 2018 : 403
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 運動に伴う脳機能変化を灰白質構造変化から予測する新手法の開発  
カナ ウンドウ ニ トモナウ ノウ キノウ ヘンカ オ カイハクシツ コウゾウ ヘンカ カラ ヨソクスル シンシュホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Undō ni tomonau nō kinō henka o kaihakushitsu kōzō henka kara yosokusuru shinshuhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Assessment of brain activities using short-term gray matter changes  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 春日, 翔子  
カナ カスガ, ショウコ  
ローマ字 Kasuga, Shoko  
所属 慶應義塾大学・理工学研究科・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70632529

名前 鏑木, 悠治  
カナ カブラキ, ユウジ  
ローマ字 Kaburaki, Yuji  
所属 慶應義塾大学・理工学部・前期博士課程  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 牛場, 潤一  
カナ ウシバ, ジュンイチ  
ローマ字 Ushiba, Junichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00383985
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, 磁気共鳴画像法(MRI)により取得した脳構造情報に基づく新規な脳機能評価法の開発を目的とした。眼球または手首運動の直後に撮像したMRIの構造画像に対してVoxel-Based Morphometry(VBM)解析をおこない, 運動中に撮像した機能的MRIにおける脳賦活部位と比較したところ, 類似した部位で灰白質構造変化が認められた。上記の結果より, 効果器の異なる複数の運動課題において短時間の灰白質構造変化が脳の機能的活動を反映することが明らかとなり, VBMの脳機能評価法としての妥当性が示された。
We aimed at investigating validity of a novel functional assessment protocol of brain activity associated with motor tasks, which uses brain structural information acquired by magnetic resonance imaging (MRI). Structural brain images obtained by MRI after an eye- or wrist-movement task was analyzed by Voxel-Based Morphometry (VBM) to quantify changes in local gray matter volumes. We compared brain regions showing significant gray matter changes with regions showing brain activity during the motor tasks, the latter of which was obtained by functional MRI (fMRI). The regions detected in VBM was partially overlapped with those detected in fMRI, suggesting that short-term gray matter change reflect functional brain activity in the corresponding region in multiple kinds of motor tasks. The current results indicate that VBM can be used as a functional assessment of brain activity.
 
目次

 
キーワード
運動学習  

磁気共鳴画像法  

Voxel-based morphometry  

灰白質  

上肢リーチング  

眼球運動  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K12970
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:23:59  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:59  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース