慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
KAKEN_16K12480seika  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
KAKEN_16K12480seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :492.5 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 351

Total downloads since Nov 12, 2018 : 351
 
Release Date
 
Title
Title イルカの行動分析に基づくインタラクションシステムの開発  
Kana イルカ ノ コウドウ ブンセキ ニ モトズク インタラクション システム ノ カイハツ  
Romanization Iruka no kōdō bunseki ni motozuku intarakushon shisutemu no kaihatsu  
Other Title
Title Development of interaction system between human and dolphin based on behavior analysis  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 小木, 哲朗  
Kana オギ, テツロウ  
Romanization Ogi, Tetsuro  
Affiliation 慶應義塾大学・システムデザイン・マネジメント研究科・教授  
Affiliation (Translated)  
Role Research team head  
Link 科研費研究者番号 : 00282583

Name 新江ノ島水族館  
Kana Shinenoshima suizokukan  
Romanization シンエノシマ スイゾクカン  
Affiliation  
Affiliation (Translated)  
Role Research team member  
Link  
Edition
 
Place
 
Publisher
Name  
Kana  
Romanization  
Date
Issued (from:yyyy) 2018  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
1 pdf  
Source Title
Name 科学研究費補助金研究成果報告書  
Name (Translated)  
Volume  
Issue  
Year 2017  
Month  
Start page  
End page  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
イルカは, 人間のトレーナーとの間でコミュニケーションを成立させているため, この原理を明らかにすることで, 情報デバイスを介したイルカとのコミュニケーションを実現することが期待できる。本研究では, タブレット上にトレーナーのハンドサインの画像を提示することで, イルカに対して画像による指示をできるようにする学習実験を行った。その結果, 学習不足と過学習を繰り返しながら, 画像を認識していく過程を観察することができ, 情報端末を介したイルカとのコミュニケーションに対する可能性を見出すことができた。
Since dolphins have established communication with human trainers, we can expect to realize communication with dolphins via information devices by analyzing the principle of this interaction. In this study, learning experiments were conducted to give instruction to dolphin by presenting the image of the trainer's hand sign on the tablet. As a result, the process of recognizing images while repeating learning shortage and over learning was observed, and we were able to find the possibility of realizing the communication with dolphins using the information devices.
 
Table of contents

 
Keyword
イルカ  

コミュニケーション  

学習  

行動分析  

インタラクション  
NDC
 
Note
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K12480
研究分野 : システム工学
 
Language
日本語  

英語  
Type of resource
text  
Genre
Research Paper  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Nov 12, 2018 15:23:59  
Creation date
Nov 12, 2018 15:23:59  
Registerd by
mediacenter
 
History
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
Index
/ Public / Grants-in-Aid for Scientific Research / Fiscal year 2017 / Japan Society for the Promotion of Science
 
Related to