慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K10474seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K10474seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :211.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 690

Total downloads since Oct 31, 2019 : 690
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 乳癌転移巣ER遺伝子変異とCDK4/6阻害剤の相関検討と効果予測法の確立  
カナ ニュウガン テンイソウ ER イデンシ ヘンイ ト CDK4/6 ソガイザイ ノ ソウカン ケントウ ト コウカ ヨソクホウ ノ カクリツ  
ローマ字 Nyūgan ten'isō ER idenshi hen'i to CDK4/6 sogaizai no sōkan kentō to kōka yosokuhō no kakuritsu  
別タイトル
名前 Correlation of ER gene mutation in breast cancer metastasis with effect of CDK4/6 inhibitor  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高橋, 麻衣子  
カナ タカハシ, マイコ  
ローマ字 Takahashi, Maiko  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50348661

名前 林田, 哲  
カナ ハヤシダ, テツ  
ローマ字 Hayashida, Tetsu  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80327543

名前 関, 朋子  
カナ セキ, トモコ  
ローマ字 Seki, Tomoko  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70528900
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
ER陽性進行再発乳癌では、32%においてESR1遺伝子変異が認められ、内分泌治療耐性のメカニズムの一つであると考えられている。本研究では再発転移巣生検検体22例中16例 (64%) に変異を認め、そのうち7例でアロマターゼ阻害薬の投与が行われていた。さらにexon8の変異のうち、Leu536Arg, Tyr537Ser, Asp538Glyの3種類のESR1変異遺伝子をMCF7に導入して変異株の作成を行い、機能解析を行った。その結果ESR1変異細胞株ではTAMの効果はほとんどなく、FUL+PALの組み合わせにおいて最も効率的にRB-E2F1の経路が遮断され、細胞周期の停止が行われていた。
In ER-positive advanced breast cancer, ESR1 gene mutation is found in 32%, which is considered to be one of the mechanisms for endocrine treatment resistance. In this study, mutations were found in 16 of 22 (64%) relapsed metastatic biopsy specimens, of which 7 were treated with aromatase inhibitors. Furthermore, among the mutations of exon 8, three ESR1 mutant genes of Leu536Arg, Tyr537Ser, and Asp538Gly were introduced into MCF7 to prepare mutant clones, and functional analysis was performed. As a result, in the ESR1 mutant cell line, TAM had little effect, and in the combination of FUL + PAL, the RB-E2F1 pathway was most efficiently blocked and cell cycle arrest was observed.
 
目次

 
キーワード
乳癌  

ESR1  

遺伝子変異  

CDK4/6阻害薬  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K10474
研究分野 : 乳腺外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:23:26  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:08  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (711) 1st
2位 新自由主義に抗す... (668)
3位 グラウンデッド・... (484)
4位 ドイツのSNS対策... (478)
5位 なぜ日本ユニテリ... (467)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (2611) 1st
2位 Research on elec... (2162)
3位 新たなかたちのひ... (2012)
4位 Linguistic encod... (1972)
5位 経営者が語るアン... (1779)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース