慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K10473seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K10473seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :91.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 114

Total downloads since Oct 31, 2019 : 114
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 乳がん組織の複雑さによって生じるがん細胞協調メカニズムの解明  
カナ ニュウガン ソシキ ノ フクザツサ ニ ヨッテ ショウジル ガン サイボウ キョウチョウ メカニズム ノ カイメイ  
ローマ字 Nyūgan soshiki no fukuzatsusa ni yotte shōjiru gan saibō kyōchō mekanizumu no kaimei  
別タイトル
名前 Cancer cell interaction mechanisms caused by the complexity of breast cancer tissues  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 有馬, 好美  
カナ アリマ, ヨシミ  
ローマ字 Arima, Yoshimi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20309751
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
がんは、ゲノム的にも形質的にも多様で、異なる性質を持つ不均一ながん細胞の集団およびそれらの微小環境で構成される複雑な組織である。ヒト由来の異なる2種類のトリプルネガティブ乳がん細胞株を混合して免疫不全マウスの乳腺組織に移植すると不均一ながん組織が形成され、1種類のヒトトリプ ルネガティブ乳がん細胞株を用いた時と比べて、より大きな腫瘍となることがわかった。RNA-seq解析を行い、この不均一ながん組織において、特徴的に発現する遺伝子群を見出した。見出した遺伝子群は腫瘍の増殖能に関与し、これらが乳がんの悪性度および治療抵抗性と関連する腫瘍内不均一性のバイオマーカーとなる可能性が考えられた。
Cancer is genomically and phenotypically diverse and composed of complex tissues, including tumor microenvironments and a heterogeneous population of cancer cells, all showing different characteristics. We formed heterogeneous cancer tissues by mixing two different human-derived triple-negative breast cancer cell lines and inoculating them into the mammary fat pads of immunodeficient mice. These heterogeneous cancers were more proliferative than the homogeneous cancers that were formed by individually inoculating the cell lines. We performed RNA-sequencing analysis to identify the genes which characteristically expressed in heterogeneous cancer tissues. Our hallmark genes seem to be involved in tumor growth and could be important biomarkers of intratumoral heterogeneity associated with malignancy and therapeutic resistance of breast cancers.
 
目次

 
キーワード
乳がん  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K10473
研究分野 : 腫瘍生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:07  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (808) 1st
2位 新自由主義に抗す... (394)
3位 アイドル文化にお... (391)
4位 組織市民行動が成... (316)
5位 もしも世界がみん... (315)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (730) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (636)
3位 解説 : 体液の物... (634)
4位 適応的選好形成と... (567)
5位 姿勢維持における... (551)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース