慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K10175seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K10175seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :649.3 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 448

Total downloads since Oct 31, 2019 : 448
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 黄色ブドウ球菌増殖を伴う皮膚炎自然発症モデルマウスを用いた皮膚炎発症機構解明  
カナ オウショク ブドウ キュウキン ゾウショク オ トモナウ ヒフエン シゼン ハッショウ モデル マウス オ モチイタ ヒフエン ハッショウ キコウ カイメイ  
ローマ字 Ōshoku budō kyūkin zōshoku o tomonau hifuen shizen hasshō moderu mausu o mochiita hifuen hasshō kikō kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation for mechanism of dermatitis with model mice which develop dermatitis spontaneously with S. aureus proliferation  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐々木, 貴史  
カナ ササキ, タカシ  
ローマ字 Sasaki, Takashi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70306843

名前 天谷, 雅行  
カナ アマガイ, マサユキ  
ローマ字 Amagai, Masayuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90212563

名前 塩濱, 愛子  
カナ シオハマ, アイコ  
ローマ字 Shiohama, Aiko  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40383731

名前 松井, 毅  
カナ マツイ, ツヨシ  
ローマ字 Matsui, Tsuyoshi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Tmem79-/-マウスを作成・解析した結果、Tmem79-/-マウスは3~4週に皮膚炎が悪化するがその後に皮膚炎症状が改善し、12週以降に再度皮膚炎が悪化する二相性の皮膚炎を発症することを明らかにした。抗生物質を用いた解析により二相性の皮膚炎症状が改善したことから、Tmem79-/-マウスでの皮膚炎発症には細菌叢異常が関与していることが示唆された。Tmem79-/-マウスでの皮膚細菌叢解析の結果、二相とも皮膚細菌叢異常が起きており、特に二相目は非常に多くのS.aureusが増殖していることを明らかにした。
In this study, we established and analyzed Tmem79-/- mice. As a result of Tmem79-/- mice analysis, we found Tmem79-/- mice developed dermatitis at 3~4 weeks, followed by temporal improvement of dermatitis, but finally developed again severe dermatitis. The antibiotics treatment improved the these biphasic dermatitis, suggesting that the skin microbiome abnormality would be involved in the onset of dermatitis in Tmem79-/- mice. As a result of skin microbiota analysis in Tmem79-/- mice, abnormal skin microbiota were found in biphasic dermatitis. Especially, large number of S. aureus were proliferated in later phase of Tmem79-/- mice.
 
目次

 
キーワード
アトピー性皮膚炎  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K10175
研究分野 : ゲノム解析
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:22:38  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース