慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H03258seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H03258seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :447.1 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 265

Total downloads since Oct 31, 2019 : 265
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 骨格筋における免疫学的微小環境と筋機能  
カナ コッカクキン ニ オケル メンエキガクテキ ビショウ カンキョウ ト キン キノウ  
ローマ字 Kokkakukin ni okeru men'ekigakuteki bishō kankyō to kin kinō  
別タイトル
名前 Microenvironment of skeletal muscle and muscle function  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 池田, 真一  
カナ イケダ, シンイチ  
ローマ字 Ikeda, Shin'ichi  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・特任助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50534898

名前 武政, 徹  
カナ タケマサ, トオル  
ローマ字 Takemasa, Tōru  
所属 筑波大学・体育系・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50236501

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
骨格筋の質は筋機能のみならず、個体の寿命をも制御しうる報告が相次いでいる。しかしながら骨格筋の質とは一体なんであるかと言う本質的な問いに対する答えは全く明らかにされていない。研究代表者は骨格筋線維1本1本を取り囲んでいる基底膜を構成するECM成分こそが骨格筋の質の本質であると考えた。運動後の質の良い骨格筋と、徐神経や糖尿病などの質の悪い骨格筋とのECM遺伝子を網羅的に解析した結果、Lamb3遺伝子を見出した。これは筋再生過程で強く発現が誘導されAkt経路を介して骨格筋の再生・肥大を正に制御することを見出した。これらの結果は、骨格筋内のECMは筋機能を規定する重要な内部環境であることを示唆する。
Quality of skeletal muscle is determined not only muscle function but also life span of individual. However, the question of what is "quality of skeletal muscle" is not answered currently. From my previous study, I hypothesized component of extracellular matrix (ECM) in basal lamina covered a skeletal muscle fiber is the substance of "quality of skeletal muscle". I compared between "good skeletal muscle" such as trained muscle and "bad skeletal muscle" such as denervated or diabetic muscle using qPCR array and identified Lamb3 gene as a muscle quality control gene. Lamb3 gene is poorly expressed in normal skeletal muscle and strongly induced during muscle hypertrophy and muscle regeneration. Lamb3 activates Akt pathway, resulting in muscle regeneration and hypertrophy. These results suggested that muscle ECM is an important internal environment and their manipulation can control muscle quality.
 
目次

 
キーワード
骨格筋の質  

細胞外マトリックス  

Lamb3  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H03258
研究分野 : 細胞生物学・生化学・運動生理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:01:00  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 なぜ日本ユニテリ... (492) 1st
2位 ネットワークにつ... (476)
3位 ドイツのSNS対策... (452)
4位 慶應義塾大学薬学... (426)
5位 新自由主義に抗す... (402)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (783) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (546)
3位 楽天とアマゾンの... (496)
4位 インフルエンサー... (482)
5位 独ソ不可侵条約と... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース