慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K20223seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K20223seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :755.6 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 224

Total downloads since Sep 21, 2017 : 224
 
タイトル
タイトル 内耳特異的オートファジー欠損モデルマウスを用いた蝸牛における恒常性維持機能の解析  
カナ ナイジ トクイテキ オートファジー ケッソン モデル マウス オ モチイタ カギュウ ニ オケル コウジョウセイ イジ キノウ ノ カイセキ  
ローマ字 Naiji tokuiteki otofaji kesson moderu mausu o mochiita kagyu ni okeru kojosei iji kino no kaiseki  
別タイトル
名前 Homeostasis with inner ear specific autophagy deficit model mice  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小島, 敬史  
カナ コジマ, タカシ  
ローマ字 Kojima, Takashi  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60528660

名前 神崎, 晶  
カナ カンザキ, ショウ  
ローマ字 Kanzaki, Sho  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 藤岡, 正人  
カナ フジオカ, マサト  
ローマ字 Fujioka, Masato  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 三井, 綾乃  
カナ ミツイ, アヤノ  
ローマ字 Mitsui, Ayano  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
蝸牛におけるオートファジーの活性化部位の同定と, その生理的機能を明らかにすることを目的とした。GFP-LC3レポーターマウスを用いて蝸牛におけるオートファジー活性可視化を試みたところ, 外有毛細胞を含む蝸牛感覚上皮に恒久的オートファジーが生じていることが示唆された。有毛細胞特異的オートファジー欠損マウスは高音優位な進行性難聴を認めた。また, 4-HNEを用いた免疫組織染色で, オートファジーによる蝸牛有毛細胞での酸化ストレスに対する保護作用が示唆された。蝸牛有毛細胞においてオートファジーは有毛細胞を保護する作用を有しており, とくに酸化ストレス抑制を介して細胞老化を抑制している可能性がある。
The purpose of this research was to identify the location and physiologic function of autophagy in the cochlea. We tried to visualize autophagy-activated area in the cochlea. GFP-LC3 reporter mouse revealed autophagy-activation at the cochlear neuroepithelium including outer hair cell. Then, outer hair cell specific autophagy deficit model mouse showed progressive high-frequency hearing loss. Also, immunostaining with 4-HNE indicated the protective action of autophagy against oxidative stress in outer hair cell. At outer hair cell, autophagy may maintain homeostasis to the external environment. Suppressive function of autophagy against oxidative stress may inhibit cellular aging in the cochlea.
 
目次

 
キーワード
内耳  

オートファジー  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K20223
研究分野 : 耳科, 聴覚医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:55  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース